薔薇のために (1) (小学館文庫)

  • 121人登録
  • 3.72評価
    • (15)
    • (16)
    • (27)
    • (1)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 吉村明美
  • 小学館 (2000年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913715

薔薇のために (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とんでもなく複雑な家族関係と恋愛模様に続きがきになる!(*´∀`*)

  • 家族愛に満ちた幸せな気持ちになれる作品。
    ブスでデブで…な主人公だけど、
    相手に気持ちを押し付けすぎることなく
    自然体で生きている彼女を応援したくなる。
    誰だって、主人公になり得るのだと教えてくれる作品。

  • ゆりの内面が天使過ぎて最早宇宙人。
    人間の機微ってのは解らないなぁ。

  • 倫ならぬ恋

  • 文庫版全巻読了。謎のエピローグが入ってて、葵が20年後どうなったのか気になる。こーいうホームドラマで少女漫画な話、やっぱ好き。

  • 全9巻。これはもう人類愛が溢れていた。

  • 自分のことを嫌いな人はゆりちゃんのウジウジに共感せざるを得ないのでは。でもブスでもデブでもキュートではいられるのです!いつまでも大切にしなければならないものさえ大事に守っていければ、そして誰かのことをそっと想う心さえあればいつだってキュートになれるのです!!

  • チビデブスの女の子が天涯孤独になっちゃって実は生きていたと知った母が女優で異父兄姉弟達は皆美形でーっていう一見シンデレラストーリーに見せかけて、内容は身勝手な人間たちのドラマで面白かった

  • ルックスに自身のない女を幸せにしてくれる良いマンガ(^^)

    スミレさんかっこいーし 葵くんいい奴だし ゆりちゃんいい子だし 芙蓉さんはかっこいいし ハッピーエンドだし<3

    人間は性格なのだな、と思わせてくれますぅうう。
    あといちいちセリフがすごいの。
    おお・・・ってなる。

    読み応えがあるんだけど暗くなくって笑えてハッピーになるよ<3

  • これはコメディ展開なのか?!と思った瞬間、数10ページ後には突然のドキドキシーンにときめかされ……と思いきやまさかの衝撃事実にあんぐりする間もなくシリアスシーンへ……とこの漫画はまさに変幻自在、いままで読んだ作者の漫画(のら猫の話、今でも夢に見る、海よりも深く、麒麟館グラフィティー)の中では一番、「少女漫画らしいときめきの瞬間」が多く出てくるように思える。
    それらのどの漫画にも共通するありえないドラマティックな要素が、今回はなんと「自分の実母が女優・花井しょう子で、しかも自分には似ても似つかない超美形の異父三姉兄弟の姉・芙蓉、兄・菫、弟・葵がいて、姉兄弟全員が父親が違う」ときてるからそれだけでこの物語を読んでみたい!という気にさせられた。

    言いたいことを言う”超”美形の3人に「コノヤロ~」と一発殴ってやりたくなるのに、剥き出しの気持ちを言葉にして自分の本音をぶつけてくる3人をいつの間にか憎めなくなっていた。どんなにきつい言葉だと思えるものでも、3人の口から発せられる言葉には自分なりの主人公・ゆりへの愛情が見えていたからかもしれない。
    吉村明美さんの漫画ですごいところというのがそこだと思う。
    誰も今まで目も向けずに当たり前のように思ってきたことを、大声で表情豊かに言葉にしてぶつけてくる。胸に染みいる言葉、改めて気づかされることを自分なりの愛情いっぱいに口にする。そこが好きなんだなあと、読み終わった後に感慨深く思った。

全22件中 1 - 10件を表示

吉村明美の作品

薔薇のために (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薔薇のために (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薔薇のために (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

薔薇のために (1) (小学館文庫)の新書

薔薇のために (1) (小学館文庫)のKindle版

ツイートする