イグアナの娘 (小学館文庫)

  • 778人登録
  • 4.00評価
    • (118)
    • (84)
    • (110)
    • (3)
    • (1)
  • 66レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2000年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913814

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

イグアナの娘 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母親と娘の関係がせつない。
    自分を愛せないことのメタファーが“イグアナ化”で表現されていて、悲しい孤独感に不思議なおかしみが漂うお話。
     
     
     
    母親は、実は自分自身を愛せないイグアナで、そのことをすっかり忘れたまま、自分に似ている娘を愛せない。そうしたら、母親に愛されない娘は、自分を愛せないイグアナになってしまう。それで母親はますます娘を愛せない。それだから娘は…。負のスパイラル。

  • 萩尾望都の絵は上手い。ストーリーは天才だ。イグアナが可愛すぎて欲しいぐらいだ。

  • 良い

  • やっぱ萩尾先生は神だわ~。スゴすぎてあたまおかしくなりそうになるわ。
    イグアナの娘、最初読んだときは「お母さんイグアナだったんか。あ、そう」だったんだけど、二回目読んだらお母さん可哀想で泣けたよ。美容整形の暗喩? とか思ったけど、そういうわけじゃないんだよな。親または子を愛したいけど愛せない親子関係全体のお話なんだって思ったら、すごい不幸で切実だった。周囲に当然出来ると思われている(自分もそう思っている)ことがどうしても出来ないなんてね…

    あとのお話はやっぱり表題作に比べるといまいち。受験生の男の子が喫茶店に住み込む話は読み込んでいくうちに登場人物の印象が逆転するのがよかったけど、終わり方が微妙だったなぁ。

  •  ドラマ化もされたイチ作品。
     母と娘の確執。
     娘、長女がイグアナにしか見えない母親。普通の女の子が良い。次に生まれた次女は人間だ。嬉しい。夢見てたの、可愛い女の子、なんでも似合うのね。
     写真で見るぶんには普通の、人間の娘にみえる。でも、母親の目には、イグアナにしか見えない。
    「ブサイクなくせに化粧なんて!」
     もし他の人の目にも娘がイグアナに見えたら、『あたし なんて言われるか』
    「小学生のくせにませちゃって……!」
    「リカって頭いいの? あのブスいイグアナが? イグアナのくせになまいき!!」

     日々が過ぎ、大学受験の時期。
     馬鹿にしていた姉の行っている大学を受験したいと担当に伝えるマミ。
    「あなたの成績じゃ、もう二つほどランクを下げないと……」
     遊びに来たマミの恋人が言う、
    「美人の上に頭いいんだー」
     気づいてくる、母親による格差。

     リカは恋をした。イグアナなので食べてしまう!と恐れたが牛の彼は大丈夫。卒業と同時に結婚する。北海道と遠く離れた土地に彼と二人きり。母親の小言に悩まされずに済み、ほっとする。
     そして子供が生まれる。
     母親にどことなく似た女の子。
     イグアナか、夫に似た牛のような子供が生まれるかと思っていたのに、何故?と悩む。
     愛せない、と悩むリカ。
     そんなとき、マミから連絡が来る。
     母親が亡くなった、と。
     哀しくない。母親が亡くなったというのに哀しくない。それにショックを受けるマミ。
     家につき、顔を見てあげてと親戚に言われ、布をめくるマミ。
     顔を見たら、少しは悲しめるかしら?と思いながら、そうっとめくる。

     そこには、イグアナが居た。

     イグアナが、目をつむって、佇んでいた。

    「キャーーー」

     叫ぶ。人間であるはずの母親の顔がイグアナ。叫ぶ。
     落ち着いて!と親戚に慰められる。
    「わ わたしの顔に そ、そそ、そっくり そっくりよ!」
    「そうよォ、前から言ってたのよ、ゆりこちゃんとリカちゃんはよく似てるって。そう言うと、ゆりこちゃんは、怒ってたけど……」

  • 親になってから読むとイタイ内容だ

  • 家族って厄介だ。

  • 昔ドラマを観たのだが…。
    原作がこんな短編で、なのにこんな重いとは知らず…。

  • 2014年12月26日読了。表題作がドラマ化された、萩尾望都の短編マンガ集。後書きなどによると、「母と娘」がテーマの短編集なのだという、なるほど。ドラマは未見だが表題作はもっと連続した長編マンガなのだと思い込んでいたが、コンパクトで作品のテーマが分かりやすく、面白かった。(あとこの作者は男性なのだと思い込んでいた)「母と娘」と「父と息子」という関係って、何が違うのか・・・?自分が母なり父なりになって始めて、母や父というのは理解できるものなのだろうか・・・?

  • In this 52-page piece, Hagio portrays her emotion towar her mother straightforwardly for the first time. She shows how the mother affects the daughter's identity. After giving birth to an ugly baby, Rika, the mother avoids her and favors the normal, pretty child, Mami. The mother vies Rika as a hideous-lookiing iguana, and the child adopts this self-image herself; but when her mother dies at the end of the story, Rika views her death mask and realizes that she was daughter to yet another ugly iguana. This tragic reconciliation is carried out amid a beautiful lyricism; throughout the work, Hagio employs apt humor to ease the heaviness of the theme.

全66件中 1 - 10件を表示

イグアナの娘 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イグアナの娘 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

イグアナの娘 (小学館文庫)のKindle版

イグアナの娘 (小学館文庫)のコミック

ツイートする