あぶない丘の家 (小学館文庫)

  • 273人登録
  • 3.63評価
    • (24)
    • (35)
    • (59)
    • (4)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (550ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913845

あぶない丘の家 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マヒコと変わり者のアズにいちゃんのシリーズ。
    これ好きだなー!
    怨霊が出たかと思いきや頼朝と義経の時代物観戦、未来人までやってくるというこのバラエティ。良い。

  • アズ兄ちゃんにふりまわされっぱなし

  • 2012年9月1日
    2013年4月27日 再読

  •  これが絶大なる人気のある萩尾ワールドなのか?なんやねんと思いながら読んだ。けれどもアズ兄ちゃんがなんか変なのに情があって好きだ。

  • 現代(といっても10年以上前?)の不思議な兄弟が
    時空を超えて、源頼朝、義経の時代に行くお話で
    『黄蝶舞う』と合わせて、源家のこと、少し分かってきたのと
    萩尾望都さんの頼朝・義経の確執に対する納め方というかなんというか
    切なくって、なんか泣きそうになっちゃった

  • 絵柄がどうかなーと思いながら読み始めたが、意外や意外、この絵柄がよかったのだ。
    お気に入りはミイ。(この作中では比較的)大人っぽい外見の中に見える子供っぽさ。

    「あぶないアズにいちゃん」
    黒い石と兄の来歴に翻弄される弟。
    「あぶないシンデレラ」
    学園祭と隣家の騒動がリンクする。
    「あぶない壇ノ浦」
    タイムスリップして頼朝と義経の確執を見届ける。
    一見学習漫画みたいだが、入り込んでしまう。
    「あぶない未来少年」
    隕石ネメシスにより崩壊した未来からきた少年ジーン。

  • 「あぶない未来少年」の結末に号泣。
    そこがジーンのためだけに作られたロボットの世界だと知り、
    そこでなみだするジーン。
    嫌悪していたロボットこそが、
    そんな優しい気持ちを育ててくれたのだと。

    それに気付いた一瞬が、あまりにも胸に迫る。

  • 本編も確かに面白いのだけど、最後の森博嗣先生のエッセイも笑いながら読んでしまった。
    こんなに愛される作家って素晴らしいと思う。
    本編では、本当に多彩な分野の知識が詰まっていて、それもただ知識を並べているだけじゃなくて、その中にある心情を解りやすく描いている。
    萩尾作品はいつも心情があふれ出るように流れている。
    そこが好きだ。

  • やっぱり構成力がすごい。主人公のまわりでちょっと(?)不思議なことが起こる。各話毎に歴史だったり時間旅行だったりテーマ様々に一気に読ませる面白さ。

  • ストーリーはハチャメチャ。
    でも絵がほんときれい

全26件中 1 - 10件を表示

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あぶない丘の家 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あぶない丘の家 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あぶない丘の家 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

あぶない丘の家 (小学館文庫)はこんな本です

あぶない丘の家 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする