BASARA (16) (小学館文庫)

  • 307人登録
  • 4.05評価
    • (71)
    • (23)
    • (57)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 田村由美
  • 小学館 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091914460

BASARA (16) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外伝のみの巻。面白かった。

  • BASARAの外伝がいっぱい詰まった一冊。


    なんていいんでしょ。
    聖と那智の話もよかったし、ハヤトもたくましくなった。ガンバレ!
    みんなのご先祖の話もとても良い。
    玄武が竹光になった経緯がわかった。

    ちゃんといろんなとこ補完してくれて、かゆいところに手が届く一冊です。

    ワンピース好きな人は、絶対好きになると思うなあ。
    あのくらい人気でてもいいのに。
    そこはやっぱ少年マンガと少女マンガの違いかな。

    今となってはなんでこの漫画・この作者を知ることになったのか覚えてないけど、出会えたことに感謝。

  • 読み終わってしまった…。みんなすごく好き!と思いながら、揚羽と浅葱から目が離せなかった自分の趣味のわかりやすさに項垂れるしかない。一側面の善悪では割り切れない人間の深みと重みと情熱が凝縮された物語でした。

  • 最後に、更紗とその仲間たちの幸せな日々が読めてよかった。
    読み終わってしまって、とても寂しい。

    いつまでも、続いていてほしい物語。
    一生、更紗を見守っていていたい。

    外伝10PAJAMAと11TOMATOが好き。
    外伝10の泣きながら、笑いながら眠る更紗かわいい。

    好きなキャラクター
    ①揚羽
    ②群竹(那智にかまわれているところがかわいい)
    ③市松と菊音ちゃん
    (「楽しく幸せになろーぜ」っていいな)

    魅力的でないキャラがいない、という。

  • 全27巻 完結

  • 久々によんだ!
    時間なかったから、まだちゃんとした感想にはなってないけど、やっぱり好きだな。

    本当、こういう漫画ばっかり与えて育ててくれた母親に感謝。

    とりあえず、市松が良いキャラ。もっと掘り下げて欲しいけど、あれくらいの登場時間だからこそ格好良いところをみせられたのかなぁ。

  • 小さな文庫に、ぎゅぅっといろいろなものが詰まっている。泥や血にまみれ、涙を流し、腕をもがれ、彼らはそれでも生きる。生きることはそもそも戦いなのだと気づかされると、何巻かの後書きエッセイで誰かが書いていた。心がざわつく。自分は、そんなふうに強く生きているだろうか。

  • 番外編の章名に笑ってしまいました。7seedsがでた今読み返すと、両作品のピースの繋がり方にワクワクします。 この巻を読むとBASARAが決してハッピーエンドの終わった話ではなく、それぞれが勝ち取った"自分"の生き方の、人生の半ばである。という視界が開けました。生き残った人々のこれからも代々と続いてゆく営みを思って、楽しみにもなるのです。

  • とにかく泣いた。
    ドラマティックで、素敵なセリフもいっぱい。
    じっくり読みたい。

  • SF歴史マンガ?「時代に翻弄される」という言葉が浮かぶ。最初友達に借りて読んだが、あまりに気に入ったので文庫化したものを購入。全16巻。

全31件中 1 - 10件を表示

田村由美の作品

BASARA (16) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BASARA (16) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BASARA (16) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする