天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)

  • 107人登録
  • 3.83評価
    • (11)
    • (8)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 篠原千絵
  • 小学館 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091917737

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネフェルティティと対決するところで昔のことを思い出すのがいい。「遠くまで来たな」という感慨がすごい。
    マッティワザとアレキサンドラ再登場も、全員集合という感じでテンション上がる。
    イル・バーニとアレキサンドラの師弟関係もいい。ユーリに憧れて戦場に出たいというアレキサンドラに対し、イル・バーニが諜報合戦を見せつけて「私たちには私たちの戦場があるのです」と言うのが超かっこいい。
    この巻は全体的に展開がポジティブだし、見せ場も多くて良い。

  • 【レンタル】ユーリがカイルの元に戻って一安心、といきたいところだけど、VSエジプトとの決着がこれから。一息もつけないのか。双子ら、何気に鬼畜でキックリそれでいいのか……?まさかの黒太子改めミタンニ王再登場で驚いた。

  • エジプト編終了。
    いよいよヒッタイとエジプトの全面戦争が始まる。
    そんな中懐かしいキャラが再登場。
    この再登場何か嬉しかった。

  • なーつーかしー!でも結局多分最終回を読んでないのでこの先が楽しみです。スーパー女子中学生ユーリはほんとにすごい。

全4件中 1 - 4件を表示

篠原千絵の作品

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)はこんなマンガです

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天は赤い河のほとり 第13巻 (小学館文庫 しA 43)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする