きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)

  • 430人登録
  • 3.76評価
    • (54)
    • (59)
    • (101)
    • (2)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 小学館 (1994年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920010

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全三巻。医者モノですが、ブラックジャックとは全く違います。

  • それでも。だからこそ。

  • 第1巻。面白い。
    巻末のエッセイは,2巻以降の内容に触れているので,全巻読み終わってから読んだ方がよい。エッセイの内容もピンぼけしている。

  • 医師でもあった手塚治虫ならではの作品。

  • 生きるとはどういうことか問いかけられる本。

  • 薬害エイズ訴訟を予言するかのような作品。いや、この手の腐敗構造は昔からあったのだろうな、きっと・・・。

  • 全3巻

  • 医療界の漫画
    フィクションだが現実の闇を覗く事ができて面白い

  • モンモウ病を発生させた村が何とも日本的な不気味さである。
    白い巨塔は未読であるが医療会の名誉と権力は生物の業のようなもの…とでも手塚氏は考えておられたのかは定かではない。

  • モンモウ病。病院内で蠢く、欲、権力、陰謀・・・・。真向から病に挑む桐人に対して、生々しいほど人間的な占部。レイプ、人身売買、見世物・・・ダークだ。巻末の養老氏のエッセイはネタバレ注意。

全53件中 1 - 10件を表示

手塚治虫の作品

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)に関連する談話室の質問

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする