ねじ式 (小学館文庫)

  • 1117人登録
  • 3.77評価
    • (166)
    • (137)
    • (291)
    • (8)
    • (0)
  • 148レビュー
著者 : つげ義春
  • 小学館 (1994年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920218

ねじ式 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アックスの特集でコメントを書くように20年ぶりくらいで読み返した。『ねじ式』は改めてとても変でめちゃくちゃなのだが、めちゃくちゃなりに筋が通っていて、凄みがあり、何より絵にも凄みがみなぎっている。蒸気機関車の見開きがすごい。黒で描いた後にホワイトでヒッチングをしていて面倒な車輪のシャフトまで丁寧に書き込まれている。暗闇を走っているようだが、明暗が変で昼か夜かも分らない。どんな気合でこの絵を描いたのだろう。最後のモーターボートに乗って腕をかざしている堂々たる感じもかっこいい。そのコマの海原の波の書き込みもすごい。わずか22ページで世界をひっくり返してやろうとしているかのようだった。

     他の漫画も面白かった。旅情あふれる漫画と金属加工工場の話が多かった。絵の傾向が3パターンくらいあった。実体験がネタになっていそうだった。セックスがレイプ気味なのが多い。

  • 図書館で借りたこのバージョン。和綴じの本や貸本、見てみたかった。
    今更ながら、マンガは大人のものだったんだと新しい発見のような気持ち。
    つげ作品は作者の心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き綴っている徒然草。どんなに真面目くさっていても上品ぶっても人間の心に浮かぶことなど、たいていこれらの作品に現れる、突然なる濡れ場のシーンみたいなものなのでは?
    表層意識では理解不能や不快な表現も深層意識でみればすっと腑に落ちる。
    すごい。

    それにしても、つげさんはこのころの仕事で現在も食いつないでいるというのがすごい。一生分、表現し、発表したってことなんだろうか?
    狂気のような表現を冷静に描いてる感じがまた素晴らしい。

  • 不安定な世界観、芸術的感性かある人には傑作なのでしょう。
    読んだときに漫画というよりは絵画的な印象を受ける。

  • 「長八の宿」のジッちゃんが可愛い

    つげ先生は背景萌えの人だったのか

  • 未確認生物。人体構造。

    結論に至らぬ議論。

    死への不安。

    機械による破壊。


    だいじょうぶ?(恐れは未知の中にあり。)


    時々、彷徨っている目的も

    忘れるほどに困惑する時はないだろうか?


    ねじさえしめれば


    『日常』と言う不確かな秩序を保ち続ける事が

    出来るのだが。


    それこそが目的の『平穏』


    しかし、『平穏』はちょっとした事で

    ぶつり、と切れる細い血管の様…

  • ちくしょう
    目医者ばかりではないか

    わかりました
    ではお医者さんごっこを
    してあげます




    独特なタッチの絵で
    ふわふわふらふらしたお話が描かれています。
    どうして?
    なんて、考え出したらきりがないです。
    どうして、それが普通なの?
    そんなことあるわけない!が
    普通のコトとして
    受け入れられてて
    いつのまにかお話が終わっています。

    夢の中みたいに不安定で
    作者が云いたいことって何だろう
    なんてこと
    分からないというか
    そもそもそんなものは
    ないのかもしれません。

    ただただひしひしと
    雰囲気に圧倒されてしまいます。

  • すごくすき、全部すき、
    でもねじ式、チーコ、少年が特にすき。
    なんかもう独特の世界。
    ずっと鍵穴から覗いていたい。

  • 「ねじ式」「ゲンセンカン主人」「ヨシボーの犯罪」「チーコ」「初茸がり」「噂の武士」「長八の宿」が好き。
    ゲンセンカンはいろんな解釈ができそうで気になる・・・あとこの作品、間のとり方が映画みたいでいいです。特に前世について語り合ってるシーン。影の使い方に凄味がある。

  • これと「赤い花」の文庫が出たときの衝撃と喜びは忘れません。つげ作品って、やたら分厚い作品集ばっかりで(当時)、コレクターズアイテムみたいだったから、
    「これで人にもすすめられる!!」って嬉しかったな。つぎはマンガ家残酷物語を
    どっか文庫にしてくだされば・・・是非!!
    「そうだった、ぼくは淡々としていなければならないのだ・・・君は子どものくせに命の恩人だ」
    数あるセリフはほとんどそらで言えますが、どうしてもこのセリフがいちばん惹かれる。
    ちくしょう、目医者ばかりではないか!!

  • 初めて読んだ時は正直よくわからないなーという感想で終わっていたけど、周期的に手にとってはその不思議な魅力に感動するようになった。

全148件中 1 - 10件を表示

つげ義春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじ式 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする