陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)

  • 110人登録
  • 3.58評価
    • (6)
    • (12)
    • (19)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 小学館 (1995年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920539

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 哀しくなるほどの女好きの良庵。真面目すぎて自分のことより他人に翻弄される万二郎。要領の悪い、不器用な万二郎が、好きだ。

  • 2012年1月2日読了
    伊武谷はヒュースケンたちに関わり、出世の道を。手塚良庵は適塾から江戸に帰って、種痘の施設をつくることに奔走していきます。
    しかしこの漫画のヒロインはわりと不幸になる人が多いです…

  • 万二郎も良庵も男気がアップしている。伊武谷はどんどん出世して、それでも世間におもねらずに一本気で熱い不器用な男そのまんまだし、良庵は洪庵からの課題に粉骨砕身挑んで女ったらしから脱却…しきれてないところが好きだ。笑
    夜鷹の紺が、死刑になった旦那の一物を見て泣く場面、よかったなぁ…。首から上がなくても下半身を見ればわかる、って、すごく素敵じゃない。
    万二郎はあんな美人にモテても、おせきさんをおっかける一途さなのに対し、あちこち手出している良庵はどうなることやら…最後の最後でまた新しい女が出てきたわけですが。続きが気になるなぁ。

  • 1981年から5年半に渡って連載された歴史長編。幕末好きの僕にとってはそれだけでも愛すべき作品なのですが、見事すぎる物語の巧みな構成と登場人物それぞれの魅力(義理に生きる伊武谷万次郎と人情に生きる手塚良庵の対比をはじめとして)を通して、最も好きな手塚治虫作品のひとつです。

    終盤、おせきさんに最期の別れを告げに行ったあとの万次郎の無言の2ページがいかに雄弁に万次郎の心境を物語っているか。これからも、この作品を読み返すたびに手塚治虫の偉大さを思うことでしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)はこんな本です

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)の単行本

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)のコミック

陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)のコミック

ツイートする