ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)

  • 998人登録
  • 4.11評価
    • (212)
    • (122)
    • (155)
    • (2)
    • (0)
  • 133レビュー
  • 小学館 (1995年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091920614

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題作について。家畜と支配者の立場が逆転したらどうなるか、を残酷なまでにありありと描いている衝撃的な内容。と、いうより、"残酷"という定義すら揺るがしかねない、恐ろしいまでに真理に迫っている。

  • 個人的にはどれも甲乙つけがたいのだけど、某テレビ番組でも取り上げられていた『自分会議』『間引き』『ミノタウロスの皿』『コロリころげた木の根っ子』は特にショッキングで頭から離れない
    『劇画・オバQ』は、オバケのQ太郎を親しんでいた世代なら切ない気持ちになりそう
    『ヒョンヒョロ』に登場するウサギのような生物が怖い

  • ネットでの評判が良かったので読んでみました。表題作も含めてどれもブラックユーモア溢れる傑作でした!タイムマシンネタが多いのは、ドラえもんと繋がりあるのかもと思いました。表題作…そう簡単に他者の価値観を変えることは出来ないですよね。個人的に最後に収録された「コロリころげた木の根っこ」を何度も読んでしまいます…(汗)

    収録作品一覧
    「オヤジ・ロック」「じじぬき」「自分会議」「間引き」「3万3千平米」「劇画・オバQ」「ドジ田ドジ郎の幸運」「T・Mは絶対に」「ミノタウロスの皿」「一千年後の再会」「ヒョンヒョロ」「わが子スーパーマン」「コロリころげた木の根っこ」(収録順)

  • 劇画オバQが切なくて泣いた。(オバQ読んだことないのに)
    最後、一人寂しく飛び去っていくQちゃんの後ろ姿が胸に痛い。

  • 「自分会議」「間引き」「ミノタウロスの皿」「コロリころげた木の根っ子」などすごい話が多い。

  • 【借り物】藤子・F・不二雄先生のこういう話は面白いけど怖いですね。胸の中がざわざわする感じ。

  • どれも印象深いけれど「間引き」「ミノタウロスの皿」は印象的です。

  • 短編集第一弾。

    未来を見据え、科学を考慮し。
    それでも尚ナンセンスに漫画に昇華している。
    どこかシュールでニヤリとする作品。

  • リリース:(由佳子さん)

  • うん。すごいわ。
    間引きと、ミノタウロスの皿が飛び抜けて好みかな。皮肉の天才といったところか。

    ただ全く関係ないんだが、後書きの不愉快さったらないね。

全133件中 1 - 10件を表示

藤子・F・不二雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)に関連するまとめ

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)はこんなマンガです

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)のコミック

ツイートする