聖凡人伝 (3) (小学館文庫)

  • 11人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本零士
  • 小学館 (1996年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921536

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

聖凡人伝 (3) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 早名さんも、とうとう……。というエピソードは、さすがに、ショックでした。
    まあ、誤解で良かった。

    しかし、松本 零士のすごいところは、自分のやっているくりかえしに飽きないところだと思います。
    同じパターンでも、おもしろいと信じて繰り返し繰り返しやっていると、本当におもしろくなってくるみたいな。

    物語の区切りに、ナレーションが入るの構成なんて、この人のほとんどの作品で共通しています。でも、それが、様式美みたいになっていると思います。

    「世も末だという言葉はあるが
     世の末が来たためしはまだないのだ」

    とか、最後のナレーション、ものすごい名言があります。

全1件中 1 - 1件を表示

聖凡人伝 (3) (小学館文庫)はこんな本です

聖凡人伝 (3) (小学館文庫)のコミック

ツイートする