凍鶴 (小学館文庫)

  • 26人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (4)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 上村一夫
  • 小学館 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921628

凍鶴 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり上村一夫はいいなあ。「狂人関係」の時も思ったけど、各話の終わりが、芝居の幕がストンと落ちるように唐突で、でもあらゆる事の切れ目ってそういうものだよねえ、といちいち納得しながら読んだ。本音を言えば、おつる、鶴菊のその後の話ももっと読みたい。ところで、少女の股間に緋牡丹の刺青、というエピソードは別の本でも読んだことがあるので、元ネタがあるのなら知りたい。

  • 昭和初期の芸者つるの仕込みっ子~芸者時代の話。やっぱ上村先生の絵は素敵だな~

  • 古典的哀歌。

  • 置屋の仕込っ子つるが芸者へと育っていく過程を描く。人間のおかしさとかなしさと生き強さの軋み合いが無理なく一冊に篭められている。絶妙。文庫に収められていない数篇があるのが残念でならない。

全4件中 1 - 4件を表示

上村一夫の作品

凍鶴 (小学館文庫)はこんな本です

凍鶴 (小学館文庫)の単行本

ツイートする