めぞん一刻 (1) (小学館文庫)

  • 751人登録
  • 4.02評価
    • (168)
    • (68)
    • (158)
    • (2)
    • (0)
  • 110レビュー
著者 : 高橋留美子
  • 小学館 (1996年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全10巻(文庫版) 高橋留美子作品で一番好きな作品、恋愛漫画で五本の指にはいる傑作だと思う。

  • およそ20年前に読んだ時とは、全く違う感覚。

    歳をとったのかな。

    とても、いいストーリー。


    管理人さんの鈍感さが、見事にラップ。

    今になって、気づきました。

  • あのアパートすみたい!!!アル中女・朱美さんが、「あんたみたいな面倒くさい女から男取るほど私物好きじゃないわよバカ」っていいながら響子さんの涙拭うシーンがすっごい好き!!

  • 自分の愛する人がかつて愛した人をも含めて、その人を丸ごと愛するという覚悟。

  • 8,9巻あたりからようやく物語が動き出した感があって、急激に面白くなる。五代くんのダメっぷりには、漫画を破り捨てたくなるほど頭にくることが何度もあったけど、最後はちょっとホロっとさせられた。

  • 読んだの何度目かわかりませんが、いろいろあってまた(?)買い揃えたので登録。文庫版全10巻。登録はこの1巻のみで。

    不動産屋さんに行って「美人で若くて未亡人の管理人さんがいる下宿」でデータベースに検索かけてもらうようにお願いしてみることを考える。わりと真剣に考える。

    殴られるだろうか。殴られるようなところにはもう行かないほうがいい。そこで紹介される部屋なんて借りないほうがいい。

    ああね、とニヤリ笑ってこちらの言うことを無視し他の条件を聞いてくるようなところだったらまあ信用していい。もしかしたらそういうところが本当にあって、隠している可能性はあるのだが、それでもまあ信用していい。いつかわかることだ。

    ええっ!と言って食いついてくるようなところはやめたほうがいい。気持ちは十二分に理解してくれるだろうが、今後おそらくいや絶対に、管理人さんを巡ってライバルになるに違いないのだから、やめておいたほうがいい。そもそもそんな管理人さんいるとこあるのかよ、ということはまあ置いといて。

    そういう本です。わからなければ買って読んでください。以上。

  • 管理人さんと五代くんの恋の行く先を見守ってクダサイ!!!!!高橋留美子なんで、確実に面白いです

  • キャラクターの立ち位置が絶妙すぎる。
    それぞれの関係が固まった中盤以降で出てくる二階堂くんや八神さんも見事にひっかき回しながら馴染んでて、凄いとしか言いようがない巧みさ。

    この手の漫画では珍しく、ちゃんと1年ずつ時間が流れてみんな歳をとっていくのが見所。変わっていくことに終盤はなんだか泣けてきて仕方ない。

  • 昔はまったく理解できなかった。でもある程度の年になって読んでみると、響子さんの打算を含めた迷いも、五代くんの繊細さも優柔不断もすんなりと納得。実はものすごくリアルな恋愛を描いた漫画だったんだなと思いました。だからこそ若いころには、まどろっこしく感じたのだと思います。また二人を見守りつつやさしいばっかりじゃない周囲の人たちも魅力的で、主人公の成長と共にみなちゃんとそれぞれ前進していく。その部分を無理なく見せる構成力も素晴らしく、とりわけ一切の無駄がないラストシーンは、あらゆる媒体を含めた物語の中でも秀逸だと思います。

  • キャラが最高。の中でも四谷さんだなぁ。漫画は読んだつもりだけど、ツルモクとめぞん一刻は別格。読んでない人は羨ましい。ラブコメはここから始まった!

  • 「すごく笑えて、元気が出るような漫画が読みたい。」
    と思ったときに、昔借りて読んで面白かったのを思い出して、
    纏めて買いました。

    今読んでも全然色あせない面白さでした。
    登場人物の個性が強くて話もすごく可笑しかったのですが、
    それに加えて管理人さんのツンデレっぷりがすごく可愛かった。
    元気出た。
    傑作だよこれは。


    読んでない人には是非お薦めしたい。

  • 名作。
    大人になってから読んだ方がいいと思います。

    最後の響子さんの台詞がすべてを表していると思います。

    個人的に響子さんがツンデレのはしりだと思ってます。

  • 名前だけならほとんどの人が聞いたことがあるであろう、ラブコメディの名作。とあるメゾネットの下宿人(♂)と、バツイチの管理人さん(♀)の恋の物語。全10巻。

    こんな作品だったんですねぇ。。高橋留美子の作品らしく、基本ありえない行動や邪魔がしょっちゅうあって2人の関係が無駄にゴタゴタする昔風なコメディマンガですが、終盤は結構マジメな話が続きます。青年誌の連載だった様で、普通に一線も越えてました。

    しかしながら、五代君(主人公)とこずえちゃん(サブヒロイン)の付き合いはリアリティなさすぎです。こずえに対して人間らしさ女性らしさみたいなものがほとんど描写されておらず、本当に修羅場提供の為だけに登場したキャラですね。一方で、管理人さんの性格の描写は、リアリティ溢れる女性っぽさを感じることが多くて、とても魅力的でした。男の身ながら、『あぁなんか分かるなぁ』と思いましたねー。。

    「お願い…一日でいいから、あたしより長生きして…。」

  • 私が学生時代に流行ったマンガ。
    浪人生が年上の未亡人に恋するドタバタ喜劇です。
    こんな恋をしてみたいと思っていましたが、結局、相手は同級生、しかし、まぁ、これも人生だなっと。
    数年前にふと思い出し、マンガ喫茶ですべて読み切りました。
    若い頃の恋心を思い出したい人におすすめです。

  • 高橋留美子先生の漫画はどれも安定した面白さがあっていいのですが、めぞん一刻は結構特別に好きです
    管理人さんのキャラが、まさに理想の女性という感じで、どストライクなので・・
    評価は管理人さん贔屓もありますが、内容だけで考えてもかなり面白い漫画だと思います
    最近の漫画は絵だけは綺麗なものが多いですが、結構すぐに読むのが面倒になってパラパラと・・・というパターンも多いです
    しかし、少し古めの漫画家の漫画は結構そういった点では内容がしっかり、すっきりしていて読みやすい漫画が多いと思います

  • 楽しいな〜好きだな〜

  • うる星やつらとからんま2/1、犬夜叉を知ってる人は結構いるんですが、めぞん一刻知らないひとって結構いるんですよね。

    かわいそうな人たちです(爆



    こずえちゃんが「女」になっていく様が個人的にはすごく印象的だった…

  • これは、意外と読んだことがない人が多い。
    人に勧めたい漫画ナンバー1。

    そして私もすすめられて読みました。
    一浪して大学にはいった五代くんがアパートの管理人の響子さんに惚れてしまう。
    響子さんは夫を亡くした未亡人。
    夫を忘れることができない響子さんに猛アタックするダメダメ大学生の話。
    もどかしかったけど、楽しかった!!

    最後の響子さんのセリフは名セリフ!
    私もいつか使う。

  • さてさて
    旅行先で夜って手持ち無沙汰なので、とうとうiPhoneの中の漫画に手を出してひたすら読んでしまいました。笑

    日本でなんとなく読んだときは、ぐだぐだしてつまんねーなーと思ったんだけど、まぁその通りひたすらにぐだぐだして「早くしろ〜!」と叫びたくなるじれったさ、日本人以外が読んだら何やってんだこいつらは…という関係ですが。
    まぁでも、脇役とか(特に四谷さんと二階堂くんが好き)おもしろいし、恋愛の勉強に多少はなるんじゃないでしょうか。笑

    響子さんのような態度をとってはいけないなと思いました。
    美人でなければ即刻終了だな。。

  • 青年向けジャンルで一番好きな漫画。

  • 東久留米などを舞台とした作品です。

  • 名作です。
    泣けて笑えて、こんな風に思える相手がいる事って幸せだよな。

  • 途中ちょっとあきてくるんだけど、最終巻がめっちゃいい。

  • 長いけど、全体的にまとまりのいい漫画^^
    主人公の成長物語+コメディ+ラブストーリーですね。

    なかなかあたると管理人さんがくっつかないし、
    誤解とかそういうのですれ違ったりして、
    めちゃくちゃやきもきさせられるんですが、
    それがまた心地いいです!

    特に私はあたるのプロポーズのシーンと(味噌汁の件でなくw)
    管理人さんの旦那さんのお墓の前でのシーンで
    いつも泣きそうになってしまいます。

    とにかくいいお話なので、おすすめします。

全110件中 1 - 25件を表示

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)のコミック

ツイートする