神の左手悪魔の右手 (3) (小学館文庫)

  • 98人登録
  • 3.56評価
    • (8)
    • (7)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 楳図かずお
  • 小学館 (1997年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091921833

神の左手悪魔の右手 (3) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大変だ!!またおもしろくなってきた!!「黒い絵本」の残酷描写はテンションが高くなると、楳図作品でよく起こる笑える状態になるのと、お父さんの顔芸好きだったなぁ・・・(笑)「影亡者」もテンション高い!(笑)

  • これはキッツイ。描写がエグすぎる

    血まみれのお菓子を無理やり食べささられて食べ切れずに吐いたものを口に押し込められ。脛のあたりで足の骨をぼっきりと折られてそのまま梯子を登ったり。黒い絵本では優しい顔をしたお父さんが次第に般若のような表情に変わっていく様が不気味でならなかった。食事中には絶対読めませんね

  • 「ふん!
     なんという頭の悪い子だろう! まだわからないのかい!?
     それはお前のことだよ!」

  • 想くんきゃわわ

  • モモちゃんパパの怒った顔が軽くトラウマ。狂気。
    しかし、安心の想君。強し。
    そして、最後のお話へ続く。

  • 弟・想くんの霊能少年ぶりに拍車がかかって、ワクワク。

  • 2009/6/17購入。

  • こわすぎです。この本を読まずにホラー漫画は語れません。

全8件中 1 - 8件を表示

楳図かずおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

神の左手悪魔の右手 (3) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神の左手悪魔の右手 (3) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神の左手悪魔の右手 (3) (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする