史記 (5) (小学館文庫)

  • 67人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (8)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 横山光輝
  • 小学館 (2001年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091925657

史記 (5) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさに始皇帝の巻。 人質として育った幼少時代は家康を彷彿させ、天下を極めながらも、晩節を濁したその様は太閤秀吉と重なる。

  • ▼第21話/奇貨居くべし▼第22話/ロウアイの乱▼第23話/我れ鳥獣にあらず▼第 24話/刺客ケイカ▼第25話/保身の術▼第26話/始皇帝[1]▼第27話/始皇帝 [2]

    ●主な登場人物/呂不韋(第21、22話)、ロウアイ(第22話)、李斯(第 23話)、ケイカ(第24話)、王翦(第25話)、始皇帝(第26、27話)

    ●あらすじ/諸 国を股にかけた大商人であった呂不韋が趙の都・邯鄲を訪れた時、街角で妙に気にな る若者を見かける。町の者に尋ねてみたところ、その若者は趙の人質である秦の太子 ・安国君の息子の子楚であった。

    呂不韋は、この若者に物心両面の援助をして秦王に するという、遠大な"投資"を決意する…(第21話)。

    ●本巻の特徴/絶大な権力 を誇り、長大な万里の長城を築き上げた秦の始皇帝。だが、その死は突然やってきた …。権力者の限りない栄光と孤独を描いた「始皇帝」ほか、全7話を収録。

    ●その他 の登場人物/子楚、安国君、華陽夫人、政(第21話)、政、夏太后、昌平君(第 22話)、韓非子、鄭国(第23話)、丹、王翦、樊於期、田光、秦舞陽(第24話)、李 信(第25話)、蒙恬、李斯、徐福、高漸離、張良(第26話)

    ●本巻に登場する故事成 語・諺・歴史用語など/奇貨居くべし(第21話)、千金(第22話)、威陽宮、封禅、 焚書抗儒、直道、驪山陵、安房宮(第26、27話)

  • 韓非子無念!

  • ついに秦の始皇帝のところまで話が進んできた。
    あの広大な中国の大地を紀元前200年、今から2200年以上も前に統一するということがどんなにすごいことか。万里の長城を築くとは一体どんなことなのか?
    またまた中国の力に驚嘆。

全5件中 1 - 5件を表示

横山光輝の作品

史記 (5) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

史記 (5) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

史記 (5) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

史記 (5) (小学館文庫)はこんな本です

史記 (5) (小学館文庫)の単行本

ツイートする