ギャラリーフェイク (Number.007) (小学館文庫)

  • 111人登録
  • 3.83評価
    • (11)
    • (13)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 細野不二彦
  • 小学館 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091926678

ギャラリーフェイク (Number.007) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 雪輪模様。雪華模様。ヒトラーとか日蓮とかダーウィンとか……出てこないだろうと思っていた名前まで出てきている。

  • 額縁の話が印象的。

  • 細野不二彦による「アート版ブラックジャック」とも呼ぶべき作品の第7巻。

    「ギャラリーフェイク」は文庫版で言うところの5巻~9巻あたりのクオリティが絵・ストーリーともに一番高いと思うんだけど、中でも7巻が一番好きな巻。ちなみに次点として9巻もすごく好きで、「メトロポリタンの一夜」なんてお仕事マンガとしても人間ドラマとしても最高に良い。

    冒頭の額縁に関するエピソードや営業から左遷されて美術館館長になった人の話は、先述の「メトロポリタンの一夜」同様、仕事にプライドを持って打ち込む人たちを温かく描いているし、エゴン・シーレとネオナチを絡ませたエピソードはたった3回分なのにとても重厚で読み応えがあった。

    ロンドンでのエピソードは少女漫画でも使われないようなクサいセリフで読んでいる方が恥ずかしくなるけれど(笑)。
    後半になるにしたがって藤田とサラはもう恋人前提というか、当たり前のように腕組んだり肩抱き合ったりしてるクセに好きだの好きじゃないだの言い合うようになるんだけど(サラと一緒にディズニーシー行ったりウォータースライダー乗ってる藤田ってなんかイメージ違うんだよね…個人的に)、この頃くらいの微妙な距離感の方が最後のエンディングも生きたんじゃないかなぁ…と言っても詮無いことを書いてみる。

  • 再読。
    2013/03/29/Fri.〜04/15/Mon.

全5件中 1 - 5件を表示

ギャラリーフェイク (Number.007) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ギャラリーフェイク (Number.007) (小学館文庫)はこんなマンガです

ツイートする