家栽の人 (1) (小学館文庫)

  • 46人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (4)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2003年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091927217

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

家栽の人 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連載時に読んでいた作品を随分と時間が経った今、読み返すこととなった。
    判事としての仕事を通じて描かれたコミュニケーション力は、例えば普通の会社の中でも必要な力であるものと思った。実は多くの決め事に「ひとつの正解」という状況が少ない中で、いかにして全ての関係者にとっての最適解を導き出すための判断を下せるのか、そここそが人間力の発揮処なのではないだろうか。

  • こんな裁判官いないよな~と思いつつ、結構楽しめました。

  • 管理者が植物好きになったキッカケの本。
    たくさんの植物が出てくるので大好きです。
    裁判の方も好きですが(笑)
    植物の絵が細かくて分かりやすい上に上手。

全3件中 1 - 3件を表示

家栽の人 (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家栽の人 (1) (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする