いいひと。―For new natural life (18) (小学館文庫)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高橋しん
  • 小学館 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091927989

いいひと。―For new natural life (18) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • ラスト付近に物足りなさを感じる…いい作品ではあるけど、あまり読み返す気になれないなあ。文庫だからかもしれないw

  • 実は、なんだかんだと批判をしていた「いいひと。」ですが、最後まで読んでしまっていますし、何回も泣かされております。
    おもしろいと思います。

    今回も、駅伝のシーン。それから、二階堂さんに泣かされました。

    まあ、「道の真ん中でアレをやったら、他の人たちに迷惑だろう」とか、そういうことは、おいといて。

    ただ、主人公の性格が、いまひとつ信じられないのだな。

    その意味で、稲葉くんは、たいへん正しいと思います。

    そして、いまひとつ、リセットの制度自体をわたしは理解していません。
    つかうと、どうなるんだ?

全2件中 1 - 2件を表示

いいひと。―For new natural life (18) (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする