ARMS 2 (小学館文庫 みD 10)

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2014年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091932167

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ARMS 2 (小学館文庫 みD 10)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

ARMS 2 (小学館文庫 みD 10)の作品紹介

SFアクション超大作、発動!!


「くれてやる!! 力が欲しいのならくれてやる!!」
独自の意志を持つ金属生命体、すなわち生ける鉱物、それが
“ARMS”。誰がなんのために開発したのかは、まだわからない。
その“ARMS”を移植された高校生の高槻涼、新宮隼人、巴武士の
三人と敵対している巨大組織・エグリゴリ。目的は三人の捕獲。
死闘を続ける涼たちの前に、エグリゴリのシークレットエージェント・
キースが出現。この男こそが、“ARMS”出生の秘密を握る人物。
10年前、隼人の故郷・鐙沢村がエグリゴリによって燃やされ、彼は
すべてを失った。その村に行けば出生の秘密がわかる、とキースが言う。
そこで、涼たちは鐙沢村へ向かうのだが、一行五人の中に、涼の
幼なじみでクラスメートの赤木カツミがいた。しかし彼女は、再び戦場と
化した鐙沢村での戦闘に巻き込まれてしまい、そして、涼の目の前で…!!


【編集担当からのおすすめ情報】
全巻作者渾身のカバーイラスト描き下ろし&スペシャルインタビュー[『ARMS』を語る]収録!!
寄稿エッセイ&イラストレーション[My ARMS]三輪士郎、激筆!!

ARMS 2 (小学館文庫 みD 10)はこんな本です

ツイートする