ARMS 4 (小学館文庫 みD 12)

  • 23人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 小学館 (2014年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091932181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ARMS 4 (小学館文庫 みD 12)の感想・レビュー・書評

  • 葛藤と暴走と変なTシャツ

  • 今回もミサママ最高でした♪本当にこの漫画は高槻夫婦が良いよね~♪今回でクリフとの戦いが終わりレッドキャプス戦まで。最後には騎士も覚醒と見所満載の続きが早く見たくなる良い展開♪そして文庫のオマケの対談もやっぱり面白い。前回の名前の由来も面白かったが、今回のキースシリーズがガンダムのザビ家とは!とか見ていて「ほほぉう」となっちゃったよ♪

全2件中 1 - 2件を表示

ARMS 4 (小学館文庫 みD 12)の作品紹介

SFアクション超大作、発動!!


「我は絶対の破壊者!! 我を邪魔する者は許さん!!」
ついに四人そろったARMSが、反エグリゴリ組織・ブルーメンとともに巨大組織に立ち向かう決意を固めるが、高槻涼たちの前に新たなる
超人部隊“X‐ARMY(エグザミイ)”が出現。そのリーダーのクリフ・ギルバートもまた、エグリゴリによって作られた実験用モルモットだった。
クリフの目的は、涼の中に潜むジャバウォックを倒すこと。そして、魔王クリフと魔獣ジャバウォックが大激突。どちらが強大な破壊者か、
どちらが魔に近い存在かを懸けての戦いの行方は…!?
やがて、更なる強敵“レッドキャップス”が、涼たちを襲う。四人のARMSの捕獲を狙う彼らこそ、真の超人部隊・エグリゴリ特殊作戦部隊で、
人口52万人の東京都藍空市を制圧し、“スナーク狩り”を開始。
市民全員を人質にとられながらも反撃するARMSたち。なかでも、“笑う牝豹(ラフイングパンサー)”の異名を持つ凄腕の傭兵でもある、
涼の母・美沙が、驚くべき戦闘能力にてレッドキャップスの前に立ちはだかる!!


【編集担当からのおすすめ情報】
全巻作者渾身のカバーイラスト描き下ろし&スペシャルインタビュー[『ARMS』を語る]収録!!
寄稿エッセイ&イラストレーション[My ARMS]大暮維人、激筆!!

ツイートする