ARMS 5 (小学館文庫 みD 13)

  • 19人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 小学館 (2014年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091932198

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ARMS 5 (小学館文庫 みD 13)の感想・レビュー・書評

  • ジャバウォックそのものがヴォーパルの剣の如くジャバウォックを模した者たちを切り裂く皮肉。

  • レッドキャプスとの戦いも終わりキースシリーズの4人揃踏み。そして第二部完とかなり重要な場面。いや~アメリカに行く前の家族達との別れは涙無しでは見れなかったよ。本当にコレに出てくる育ての親たちは良い人ばかりだ。さて、この巻で忍術を少々使えるサラリーマンが出ると思っていたけど、まだだったね。本当に結構忘れてるから普通に面白いわ~。

全2件中 1 - 2件を表示

ARMS 5 (小学館文庫 みD 13)の作品紹介

SFアクション超大作、発動!!

「我は汝とともに生き、汝とともに滅びる!!」
高槻涼たち四人のARMSを捕獲するために、人口52万人の東京都藍空市を制圧したエグリゴリ特殊作戦部隊・レッドキャップス。隊長のガウス・ゴール大佐が“スナーク狩り(ハント)”作戦を展開する中、涼のジャバウォックに続いて、新宮隼人に忠誠を誓うARMS“騎士(ナイト)”が解放 された。戦う相手はARMS“幻獣(グリフォン)”を持つ、エグリゴリ幹部のキース・レッド。死闘を制する真のARMSはどっちだ!?
一方その頃、巴武士のARMS“白兎(ホワイトラビット)”も解放された。ところ
が、涼のジャバウォックが、ガウスに撃ち込まれたコンピュータウイルスに浸
食されて破壊されつつあった。それを食い止めるために、涼が入り込んだジャバウォックの心の最深部。彼がそこで見た驚くべき光景と は…!? また、そこで出会ったアリスとは、いったい何者!?
第二部「邂逅編」がクライマックスを迎え、物語はARMS誕生の更なる謎を追う第三部「進化編」へと突入する!!

【編集担当からのおすすめ情報】
全巻作者渾身のカバーイラスト描き下ろし&スペシャルインタビュー[『ARMS』を語る]収録!!
寄稿エッセイ&イラストレーション[My ARMS]森尾正博、激筆!!

ツイートする