ARMS 14 (小学館文庫 みD 22)

  • 11人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 小学館 (2015年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091932297

ARMS 14 (小学館文庫 みD 22)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ARMS 14 (小学館文庫 みD 22)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ARMS 14 (小学館文庫 みD 22)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ARMS 14 (小学館文庫 みD 22)の作品紹介

SFアクション超大作、クライマックス!!

「我が名はバンダースナッチ!! “滅びの神獣”なり!!」
エグリゴリの聖地カリヨンタワーを破壊して日本へ戻った高槻涼たちオリジナルARMSだが、彼らの前に
立ちふさがったのが、赤木カツミの中に宿ったARMSバンダースナッチ。
今ふたたびカツミを救い出すために、涼たちが向かった先は“始まりの地”、すなわちジャバウォック覚醒
の地である鐙沢村。ただし、涼たちにはすでにARMSの“力”がなく、生身の体でエグリゴリに戦いを挑む
ことになる。
カツミの中にいるのは“アリス”、それを操るのがキース・ホワイト。“滅びの神獣”バンダースナッチを
使って地球をも支配下に置こうとしている彼の野望は、新たなる創造主になること。そのために、以前の
創造主が生み出した人類を滅ぼそうとしているのだ。
ついに始まった破滅へのカウントダウン。けれども、ARMSとして生きる苦しみ、戦う苦しみを味わった
涼は叫ぶ――「人間は決してARMSには負けない!!」と。



【編集担当からのおすすめ情報】
全巻作者渾身のカバーイラスト描き下ろし&スペシャルインタビュー[『ARMS』を語る]収録!!
寄稿エッセイ&イラストレーション[My ARMS]細野不二彦、激筆!!

ツイートする