機動警察パトレイバー (9) (小学館文庫)

  • 192人登録
  • 3.87評価
    • (21)
    • (5)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 小学館 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091932792

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動警察パトレイバー (9) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 基本的には8巻までに積んだのを展開させている印象。新要素といえば思い当たるのは香貫花だが、香貫花はあまりにも目的的に動きすぎていて感情移入をしにくい。今後良い展開があれば良いんだが。
    注目すべきは捜査側の動きである。特車2課の動きだけでなく、松井さんや香貫花、果てはテレビ局までも動かして捜査が真実に向かっていく重層性は凄い構成力だと言わざるを得ない。

  • 後藤さんがかっこいい巻。警察官としての矜持みたいなのが見えたりした。素敵。
    遊馬と野明のキャラクターの違い、かっこいい大人って何だろう、とか考える巻。
    バドのまわりの雲行きが怪しくなってくる巻。

全2件中 1 - 2件を表示

機動警察パトレイバー (9) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動警察パトレイバー (9) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする