拳児 (1) (小学館文庫)

  • 61人登録
  • 3.90評価
    • (11)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 小学館 (2001年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091933416

拳児 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 41 :Anonymous:2013/02/17(日) 08:34:09 ID:7NwRRAuI0
    漫画の『拳児』にも、結構中国の秘密結社ネタ出てくるね。
    松田隆智は直接交流あったんだろうか?

    42 :Anonymous:2013/02/18(月) 01:12:21 ID:/aflXTQI0
    彼は昔、別冊歴史読本で中国の秘密結社についても
    文章書いてたしね。

    43 :Anonymous:2013/02/18(月) 07:18:57 ID:h5iHcbYE0
    これだな

    中国の謎の秘密結社
    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA87329847

    確か松田隆智は『謎の拳法を求めて』でもちょこちょこ書いてたと思ったけど、中国拳法界って、義和団の乱の以降、秘密結社との関わりが深くて、
    特に秘匿性の高い武術を習うのは、彼らと仁義を切るようなことをしないといけないから、その辺りからそっちの世界にある程度属するようになったんだろうな。

    ---------
    武道板でく評判が悪いのは、中国拳法最強説を唱えている松田隆智原作なので、中国拳法以外の武道をやっている人からすれば、何それ!?といいたくなるのでは?

    ---------
    中国拳法やってる人たちにも、一様に評判悪いようで、松田隆智は叩く、という図式ができあがってしまっているようです。

    松田さんが武道板で評判悪いのは、やはりオカルトの領域に踏み込んでいることが最大の理由でしょうね。

  • 中国武術をはじめるきっかけになった一冊。

    少年が格闘技を通じて成長するお話。
    中国武術に対して誤解や想像で書かれた部分もあるが、豊富な実在する拳種や套路が載っててロマンがある。
    そこからくる
    「この本読めば強くなれるんじゃないか」
    という雰囲気が魅力。

    日本のマンガやゲームで八極拳だけがやたらと取り上げられるのはおそらくこの拳児のせい。

  • 子供の頃、サンデーでコレを読んで八極拳にあこがれました。八極拳を習いたくてタウンページとかで調べてもそんなの出てきません。ゲーム・バーチャファイターでは当然アキラ使いでした。「八極拳…習いたいなぁ~…」そして、大人になった私は中国へと旅立つのです。→http://taka303.blog57.fc2.com/「旅とかアジアとかバックパッカーとか色々」

  • この中で登場するメインの拳法『八極拳』を日本に初めて伝えたとされる松田隆智さん原作の作品である。この中に出てくる中国の教え『仁義礼智信厳勇』『天の導き』などに、深く感銘を覚えた。私の周りには、この本を“バイブル”とする人も居る位だ。ただ、物語の展開が強引なところもあり、また、最後が無理矢理終わらされたという感が強く、非常に残念であると共に、なぜか悔しい気もする。

  • 何回読んでも面白い!

全6件中 1 - 6件を表示

拳児 (1) (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

拳児 (1) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

拳児 (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

拳児 (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする