ラフ (7) (小学館文庫)

  • 71人登録
  • 4.23評価
    • (12)
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : あだち充
  • 小学館 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091933676

ラフ (7) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あだちマンガの中でも1、2を争う見事なラストです。シンプルな相思相愛。結論確定の三角関係なのにヤキモキさせるストーリー運びも良でした。

  • 読んでいて、久々に背筋へ気持ちの良い痺れが走った。
    噂には聞いていたが、この締めくくり方は大変に素晴らしい。カタをちゃんとつけたんだな……。
    あのスタートラインまでやってきた、ふたりとも、そしてもうひとり、という構図に盛り上がりや静かな緊張が高まりつづいて、その頂点を越えたあとーー何度も夏は来る、誰にも等しく。とてもおもしろかったです!

  • 大好きな漫画です。
    自分が水泳部だったこともあり、かなりはまりました☆
    大和圭介かっこよすぎ(*´д`*)

    ラストが大好きです。感動!
    まさに青春です。

  • あだち充作品の中で圭介が一番すきかも。この漫画に出てる脇役はイイ奴揃いすぎだけど悪印象は全くない。そしてやっぱり青春。

  • いつもこの人の作品は終わりがはっきりしないんだけど、これはまあ、はっきりしてる方かな?
    まともな告白シーンもあったし。
    しかし日本選手権優勝したのに、世界水泳やオリンピックの話題が全くないのは不思議だ。

  • 爽やか。青春やね。

  • 大洗などを舞台とした作品です。

全7件中 1 - 7件を表示

あだち充の作品

ラフ (7) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラフ (7) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラフ (7) (小学館文庫)はこんな本です

ラフ (7) (小学館文庫)の新書

ツイートする