デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)

  • 47人登録
  • 3.96評価
    • (9)
    • (9)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山田芳裕
  • 小学館 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091936912

デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)の感想・レビュー・書評

  • 面白いじゃんかよ~! って唸ってしまった。

    天才主人公がばったばったと秀才ライバルをなぎ倒すのは、スポ根の王道。その王道を極めるこの漫画は、天才主人公の活躍を、半ばギャグにしてしまってるのが新しい!
    主人公は天才なんだけど、性格や脇役からの評価は、完全なる「バカ」。
    バカな主人公の超人的な活躍は「やりすぎ」な描写でギャグにしてしまう。
    そしてギャグだから・・・で、主人公の才能のありえなさ方も納得させちゃう。
    荒唐無稽なギャグの裏で、商売っけ丸出しの主人公の父親等、現実的な目線も忘れず緩急をつける。

    そんなギャグの嵐の中で、主人公の万吉が、人生のすべてを自分の思い通りにするのがすごく好き!
    とにかく明るいギャグスポーツ漫画!

  • 「へうげもの」と同じ作者なので、読んだところ、これも面白かった。ちょっと古いけど。

  • 過酷すぎるドM陸上競技
    、、、デカスロン(十種競技)!!
    を山田節全開で。

    古本屋でちょっと立ち読みして
    帰りには大人買いしてしまった
    山田ワールドへようこそ!な作品。

    十種競技というとあまりメジャーでないが
    二日間で全日程をこなすハード競技である。
    主人公である風見は(描かれてないだけだが)
    あまり練習の姿を私たち読者に見せることなく
    あれよあれよと勝ちまくってしまう。
    『努力無しに勝つストーリーなんて糞だ!!』
    なんて声が聞こえてきそうです。
    僕も大まかに同感です。
    ですが、そんな野次をぶっ飛ばす魔法があります
    山田節または山田ワールドと僕は呼んでます。
    他を置き去りにする独特の描き方をするんです山田先生
    寄って描くなら毛穴見えるほどに寄っちゃったり
    大胆すぎるコマ使いにも圧倒されます。
    スポーツ漫画というジャンルにこの山田節は見事に合う!!
    オレオと牛乳くらいのマッチングしちゃってます。

    あなたも山田ワールド来てみませんか?

  • なつかしー。あらためて絵がすごい(可笑しい)。

全4件中 1 - 4件を表示

デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)はこんな本です

デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)の単行本

ツイートする