お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)

  • 30人登録
  • 4.50評価
    • (7)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784091939104

お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 坂本龍馬を知るためにはとてもいい本。
    楽しく読めた。
    改めて、龍馬はすごいなぁ。と思った。

  • ようやく全巻読了。
    めちゃくちゃおもしろかった!
    時代を超えて、なぜ竜馬が多くの人に愛されているのかがわかる。

    ・義理人情に厚い
    ・小さなことにとらわれず、包容力が大きい
    ・目先の利益にとらわれず、もっと大局的に物事をみている
    ・謙虚で勉強家、先見の明が鋭い
    ・自由主義で平等主義
    ・有言実行で行動力がある

    などなど。

    上には可愛がられ、下からは信望が集まるキャラクター。
    「素直で謙虚」な性格は、絶対に人間的な信頼を得やすいんだろうなぁ。

    この人がいなかったら、本当に今の日本はなかったかもしれないと真剣に思った。ただ、竜馬一人ではない。竜馬を取り巻くいろいろな人がいろんなふうに作用して、時代は徳川から明治に移った。

    何が正しいとか何が間違っているとか、今の私たちに言えるはずもなく、この時代は(新選組なども含めて)皆が皆、そう思っていたに違いないけれど、その点、竜馬については、要領もよかった。彼はきっと、その信念の強さもさることながら、時には柔軟に信念を曲げて、上手く立ち振る舞った。一時の感情に流されず、自分の目標を達成するためにはある意味手段を選ばなかったと言ってもいいと思う。私たちはどうしてもプライドが邪魔をして、竜馬のように柔軟に立居ふるまうことができないときが多いけれど、竜馬はその場だけのプライドならばホイホイ捨ててしまう。そういう意味でも、自分にはない行動力ももっているから、やっぱり格好いいんだろうな。

    こんなに愛されている竜馬だけれど、本当は腹黒いところも沢山あったんじゃないかとうがった視線ももってしまう。ついつい皆から「偉人」と言われる人物に対して、ひねくれスイッチが入りやすい私。そんな本があったら読んでみたいです!


    1巻
    ・竜馬誕生、土佐藩郷士の商家・才谷屋坂本家の末子次男
    ・背中に馬のたてがみのような長い毛
    ・はなたれ竜馬
    ・楠山庄助の塾と、柳生流日根野道場
    ・武市半平太は親戚
    ・岡田以蔵との出会い
    ・上士(板垣退助・後藤象二郎)との対立
    ・佐々木加代の観戦のもと、武隆館と他流試合

    2巻
    ・竜馬が武隆館で大将:後藤象二郎に勝利
    ・アメリカ人捕鯨漁師ジョン=エリックの解放幇助
    ・藩主:山内容堂の大名行列斬り込み事件
    ・母:幸の死去

    3巻
    ・竜馬16歳、菊香楼の女郎:櫂との出会い
    ・継母:伊予登場
    ・山内容堂の猪狩りと郷士の人柱
    ・一流の剣士に成長、18歳で目録授与
    ・加代との初体験
    ・18歳で江戸に剣道留学、千葉周作の弟で定吉の構える京橋道場に入門
    ・千葉重太郎、佐那子との出会い
    ・佐々木加代との再会(密会)と吉田松陰との出会い

    4巻
    ・江戸留学中の黒船来航
    ・吉田松陰の師、佐久間象山との出会い
    ・土佐帰還後、画家でありジョン万次郎の渡航記をまとめた河田小南に師事を受ける
    ・武市半平太は、容堂と吉田東洋に丸め込まれ江戸に剣術修行へ(桃井道場/鏡心明智流)
    ・竜馬、再び江戸遊学。千葉道場の塾頭に
    ・山内容堂が鍛冶橋土佐藩邸にて御前試合を開催、竜馬優勝
    ・同門・北辰一刀流の清河八郎との出会い
    ・山本琢磨(沢辺琢磨)の盗難事件
    ・吉田松陰ら安政の大獄と、土佐帰還後の桜田門外の変

    5巻
    ・池田寅之進による上士仇討ち事件
    ・半平太による土佐勤王党の設立と、倒幕攘夷への傾倒
    ・郷士であり下横目たる岩崎弥太郎の登場
    ・半平太との決別と脱藩、姉栄のはからいで帯刀
    ・武市半平太、岡田以蔵を扇動して吉田東洋を暗殺
    ・吉田寅太郎・沢村惣之丞ら倒幕尊攘派と一線をおき、長崎へ
    ・ジョン=エリックとの再会

    6巻
    ・清は上海へ渡り、西欧列強に植民地化された実態をみる
    ・脱藩の代償として、姉:お栄... 続きを読む

  • 小説「吉田松陰」を読みはじめたところ幕末について知識が乏しかったので幕末の予習(復習?)として読みました。おかげで時代背景が見えてきました。薩長同盟、大政奉還までのこと、ちょうど没後100年となる徳川慶喜が駿府に来ることになった経緯とか、竜馬の生涯を通して分かりやすく知ることができました。一緒に熱くなったり怒ったりしながら単純に楽しく読みました。

  • 竜馬を好きになるきっかけとなった本です!

全4件中 1 - 4件を表示

お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)に関連する談話室の質問

お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする