青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)

  • 144人登録
  • 3.71評価
    • (6)
    • (11)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 松本大洋
  • 小学館 (2012年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091960801

青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれの青い春

  • 短編集の総称として、青い春ってタイトルになってます。

    読んで気づいたのは、
    たぶん、これをベースにした映画見たことある。

    もう20年以上前もの作品

  • 一周り目はよくわからない。二周り目で意味がわかる。読む度新しい発見がありそうなので継続して読みます。

  • 3つのあとがき。「だみだこりゃ」。ネズミと木村が出てきて感動した!わたしが生まれる前からマンガを描いとったったんやな〜って感慨深いです

  • 映画の原作だし、松本大洋のピンポン好きだから買ってみた。
    生と死の狭間を楽しんで活きる少年たち。

    なんかわかんないけど...

    いい作品。

    「リボルバー」の海辺での拳銃のシーンと、「夏でポン!」が好き。

全6件中 1 - 6件を表示

松本大洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
松本 大洋
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

青い春―松本大洋短編集 (小学館文庫 まC 1)はこんな本です

ツイートする