哭きの竜 5 (小学館文庫 のA 25)

  • 4人登録
著者 : 能條純一
  • 小学館 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091960870

能條純一の作品

哭きの竜 5 (小学館文庫 のA 25)の作品紹介

みっつさらせば・・・地獄が見える

鳴くと必ず和了る男がいる。名前は竜。
鳴くことで運を引き寄せ、勝負に勝つ。
そんな竜の強運を手に入れようとする男たちがいた。

関東一円に勢力を持つ東日本最大の広域暴力団、
桜道会会長・桜田道造、系列の甲斐組組長・甲斐正三、
甲斐組二代目組長・石川喬、西の首領・海東武を狙った本宮春樹・・・・・・
竜の前を通り過ぎ、死んでいった男たち。

甲斐組若頭・外田裕二は、混乱を収めるため
本宮秋生の舎弟だった三上信也を、石川喬の影武者に
仕立てたが・・・策士・外田裕二の思惑を超えて
自分の意志で動き出す三上信也。
本宮秋生の可愛がっていた裏雀士・雨宮賢も加わり、
外田は、竜に生死を賭けた勝負を仕掛けるが・・・・・・!?


【編集担当からのおすすめ情報】
ひとつさらせば自分をさらす
ふたつさらせば全てが見える
みっつさらせば・・・地獄が見える
見える見える――――堕ちる様
裏雀士・雨宮賢の名台詞が印象に残る
生死を賭けた麻雀を、堪能してください。

哭きの竜 5 (小学館文庫 のA 25)はこんな本です

哭きの竜 5 (小学館文庫 のA 25)のKindle版

ツイートする