アフター0 1 文庫版特別編集 (小学館文庫)

  • 30人登録
  • 4.23評価
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岡崎二郎
  • 小学館 (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091961815

アフター0 1 文庫版特別編集 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「大いなる眠り子」シリーズ最終回はせつなかった。。。

    「仏陀降臨す」「種を蒔く男」「800年のメッセージ」1巻)「三月の殺人」「未来の想い出」「ショートショートに花束を」2巻)「未来の種馬たち」「悪魔の種子」3巻)「星に願いを」「かまくらの夜」4巻)「誰が森を燃やしたか?」「恋愛回線」「遥かなる孤島」5巻)「サメと少女の詩」6巻)「花だより」「赤富士」7巻)が特に好きかなぁ。

    第1巻は、「仏陀降臨す」、「レムの接点」、「乾いた大地の水の街」、「大いなる眠り子」シリーズ3話分、「小さく美しい神」、「種をまく男」、「800年のメッセージ」、「干支興産の降参」、「楽園への招待」、「幻の点景」の他、単行本未収録の「漫画のススメ」を収録!!
    第2巻は、「ほうき星翔ける街角」、「三月の殺人」、「大いなる眠り子」シリーズ2話分、「未来の想い出」、「幸福の叛乱」、「ペルセウスの帰還」、「私の心にダイヤルを」、「風の花嫁」、「ショートショートに花束を」、「みにくいアヒルの子」、「日本で一番偉い猫」、「地球を測った男」、「幸せの十円玉」の他に、単行本初掲載の「ガイア動物記」を収録!!
    「大きな角を持つ男」[真夜中の影法師」[のみこむ」「未来の種馬たち」「東京カルガモストーリー」「あなたのナンバーはいくつ??」「悪魔の種子」「OH!!ラッキーマン!!」「オクラホマおじさんの逆襲」
    「ただ今転生中!!」「勝利の神」「女優」「あの世の方程式」「爬虫類めずる姫」「闇の中のささやき」「たった一匹」「匂ひを嗅ぐ女」「大いなる眠り子6 別れの扉」「打ち出の小槌」「二つの山の物語」「あなたの声が聞こえる」
    「ガリバー」「語れよ真空の中で」「究極のホラー」「人猿の湯」のほか、未発表作「お天気雨」を単行本初収録!!
    「最高の晩餐」「コンマ○○秒の落とし穴」「最後の雪女」「かまくらの夜」「滝の神」「長命人龍男の優雅な生活」「大いなる眠り子7 なぜ、久留米氏は…」「熱帯雨林は永遠に」「光の楽園」「願かけのバー」「オフィス」
    「モルヒネ奇譚」「遥かなる口笛」「宿命の構図」「沈黙の侵略者」「時の向こう側」「初恋の肖像」「恋は利己的」「乾いた大地の贈り物」「反撃の負」「機械仕掛けのジャングル」「私を嫌った女優」「大いなる眠り子8 妖精伝説」「会社夜話」「動かぬ証拠」「ガラス箱の生き物たち」のほか、単行本未収録の「幻想の海」を収録!!
    第5巻は、「不思議なじいさま」「誰が森を燃やしたか?」「恋愛回線」「ミッシング・ライフ」「白い世界の彼方から」「永遠の問いかけ」「世界はサンタを待っている」「マイ フェア アンドロイド」「いつか聞いた鐘の音」「遥かなる孤島」「エイリアン北へ行く」「大いなる眠り子シリーズ 小さな勇者たち」「契約」「シュリーファー教授の優雅な研究」「手の上の友人」「幸せはどんな色」「城壁」に加え、単行本未収録の「ムシムシアドベンチャー888」を収録。
    第6巻は、「ハイテクの背徳」「大いなる眠り子 二人ぼっちの目撃者」「げい面上のアリア」「ひらめきの構図」「星の訪問者」「ふしぎの島の贈り物」「真珠は語る」「大いなる眠り子 恐るべき3歳」「幸福アレルギー」「想い出は結晶の中に」「白の回想」「楽園の問題」「大いなる眠り子 H氏最後の挨拶」に加え、単行本未収録の「サメと少女の詩」を収録。
    「花だより」「夢は春とともに」「ESP'Sワルツ第1楽章」「ESP'Sワルツ第2楽章」「大いなる眠り子シリーズ13 永遠のメロディー」「大いなる眠り子シリーズ14 最後の眠り子」「狩人」「赤富士」「沈黙のアスリート」「朝顔の文」「歯」「進化の果て」「無限への光景」に加え、著者がデビュー前に描いた未発表作「寝ちゃダメ!狼男君」を収録!!これにて、『アフター0』は完結です。

  • 一番好きな漫画家は?と聞かれたら、迷わずこの人の名前を答えるでしょう。
    好きな漫画家は数あれど、すべてのコミックを持っているのは岡崎二郎だけです。
    好きな漫画家でも、中には、この作品はあまり好きじゃないんだよなあと持ってないものもあるんですが、この人だけはそれがない。
    全部のシリーズ、好きだ。

    あ、上でちょっとウソ書いた。
    まだ全部持ってなかったww このアフター0文庫版はこれから揃えるんだった。

    そう。このアフター0に関してはファン泣かせである。
    だって、文庫版合わせて3種類も出てるんだ!!

    まず、一番最初に出た全6巻。

    それから、著者再編集版として全10巻が出た。
    これは嬉しかった。だって4巻分も新しい作品が読めたから。

    その次にこの文庫版!
    毎巻1作ずつ未収録作を収録という、なんて阿漕な商売ww

    発売当初から迷ってたんだが、やっぱり読みたいから毎月1冊ずつとかで買おうと思った次第w


    さて、この「アフター0」についてですが、サイエンス系雑学が好きな人は絶対好きだと思います。

    基本的に一話完結でオムニバス形式ですが、中には『大いなる眠り子』シリーズのように主人公が同じものもあります。
    この文庫版1巻だけで、『大いなる眠り子』シリーズが3作載ってます。
    このシリーズは、殺された男の魂が生まれたばかりの息子の身体に入り込んで、自分を殺した犯人を見つけてその陰謀を暴くという話から始まり、この1作で終わるかと思いきや、その後もたびたび出てきて、いろんな謎解きをしていくという話。
    初回の説明をこう書くと、なんだかシリアスで怖い感じがしますが、全然そんなことありませんw 書いてて、あ、そういえば、あきおって殺されたんだったと思ったくらい。

    この1巻にはそのほか、私の好きな話がいっぱい入ってました。
    『小さく美しい神』も好きだし、『種を蒔く男』は一番好きかもと思う話だし、『800年のメッセージ』も好きだ。

    まずはこの1巻を読んでみることをオススメします。
    おもしろいと思ったなら、あなたも岡崎ワールドへハマること請け合い。


    あんま参考になんないなww


    2/9 追記。
    同じように文庫版を買おうか悩んでる方へ参考になれば。

    未収録作『漫画のススメ』は、いかにも岡崎テイストな感じの作品ですが、他の作品に比べるとそこまで魅力を感じませんでした。
    それより、最後にあとがきが載っています。これは読む価値ありです。
    岡崎二郎のエッセイ(と目次に書いてあった)が5ページ載っています。
    ファンならば、ぜひとも知っておきたいエピソードなどもあり、このエッセイで買った甲斐があった!と思いました。

  • 現代の日本だからこそ描ける、科学と寛容の共存する漫画。多くの人に、この作品の高みをわかって欲しい。
    1.種を蒔く男 2.800年のメッセージ 3.幻の点景 次点.仏陀降臨す

  • メモ『生命の本質は情報伝達である。…ならば、あの世という情報が存在する以上、イデアとしてあの世は存在すると考えてもよいのではないか?』
    『オーストラリア固有の植物バンクシア。その果実は火事で焼かれないと種子をはじき出さない構造になっている』(7巻「進化の果て」)

全4件中 1 - 4件を表示

岡崎二郎の作品一覧

岡崎二郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする