ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」

  • 43人登録
  • 3.95評価
    • (8)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 小学館 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784091998941

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」の感想・レビュー・書評

  • ゴッホ好きなアタゴオル作者の絵本。

  • アタゴオルのキャラたちがゴッホの絵の世界と融合してしまう。
    自画像に始まり、「アルルの跳ね橋」、「夜のカフェテラス」、「ひまわり」、「星月夜」、「糸杉と星の見える道」が登場。
    ヒデヨシのしっぽが三日月のようにピンとなったり、ヒデヨシたちが糸杉と星の見える道の道を歩いたり。

    作者はゴッホ好きらしい。

    ゴッホとアタゴオルが好きな人、アタゴオルを知っている人は楽しめる。

  • 猫のヒデヨシが生き生きとゴッホを紹介します。
    ますむら流ゴッホが素敵です。
    絵画の世界が近くなります。

  • 中学に入って美術と呼び方は変わったある日、授業で学校周辺の写生をしました。画面の中の一軒の家の赤い屋根の色がどうも思うようにいかず、さんざん考えた末、勝手に青い屋根にしてしまいました。見回って来た先生が「あれっ?」と言ったので、黙って先生の顔を見て頷きました。なにか言われる覚悟はしていたのですが、先生も黙って頷くと、親指をぐっと立てて行ってしまいました。
    1ヶ月後、その絵が市の中学校写生展で銀賞に入った事を知らされました。
    「そうか。絵は見たままに描かなくてもいいんだ。自分が感じたように描けばいいんだ。」
    何も言わずに私の絵を市展に応募してくれていた先生のお陰で、私はそれを知る事ができました。そしてゴッホも好きになったんですよ。私が13歳の時でした。

    前置きが長くなりました。

    うちの息子は、ますむらひろしさんのマンガ「アタゴオル」のファンで、一連のコミックスは大体持っていると思います。(笑
    この間、近所の書店に注文してあった新刊を受け取ってきました。

    見るとゴッホじゃないですか。「へぇ〜分かるのかな?」と思いましたが口を出さずにおきましたら、翌日「結構面白いよ」と言うじゃないですか。
    「お主、なかなかやるな!」とは言わずに「じゃあ貸して」と言って読んでみました。

    ゴッホの「自画像」とスミレ博士が対峙していたり「跳ね橋」の下でヒデヨシが釣りをしていたり。如何にもアタゴオルらしいですね。でもこの本の場合はちょっと違うんです。
    ゴッホに対して寄り添うような不思議な感覚があるんですよ。
    ますむらさん、ゴッホを愛してるね。作品の最後を「・・・心からの、握手を・・・」で結ばれている事で、それは確信できました。
    あとがきの「ビンセント計画」には、私も思い当たる事が書かれていますが、ここではこれ以上書きません。是非この本を買ってお読みください。

  • とっても欲しい!!!

  • ゴッホの油絵と、ますむら・ひろしのマンガがドッキング!

全7件中 1 - 7件を表示

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」を本棚に登録しているひと

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」を本棚に「積読」で登録しているひと

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」はこんな本です

ツイートする