葉で見わける樹木 (フィールド・ガイド)

  • 91人登録
  • 3.94評価
    • (10)
    • (10)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 小学館 (2004年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092080225

葉で見わける樹木 (フィールド・ガイド)の感想・レビュー・書評

  • 柏書房の「葉っぱで覚える樹木」原寸図鑑と
    併読して、重宝しています♪
    原寸図鑑は大きくて重いので家で見て、
    こちらは公園への持ち運びに使っています。
    おかげさまで都会っこの私も
    だいぶ、近所の樹木と親しくなってきましたヨ♡

  • パラパラ観ただけです。

  • 植物の本は、花で見分ける辞典が多かったが、
    この本は玄人向けで、葉で見分けるという。
    たしかに理にかなっている。

    動物の顔が花なら、
    動物の手が葉でしょうか。

    なるほど、動物の手をみれば、種別がかなりわかるはず。

  • ほぼ原寸。原寸じゃないものには拡大、縮小率つきで親切。

  • アマゾンの関連本表示で知り、思い切って買いました。買って良かったです。樹木を見上げて、空を見上げて。心地良いです。命ある動植物、そして鉱物等も。自然は気持ちいいですね、と大~きな感じになります。

  • 樹木に関する知識というより、「葉っぱを見て樹木の名前を当てる」ことに特化したガイドブック。

    たとえば、葉脈の分かれ目にダニ部屋と呼ばれるふくらみがあれば、「クスノキ」。
    やさしく波打つ鋸歯(葉の縁)を持つ「ブナ」。
    見た目じゃ区別のつきにくい「ヒノキ」・「サワラ」・「アスナロ」も葉っぱの裏を見れば一目瞭然。

    パラパラ読みながら実際に葉っぱを見てみることで、かなりの樹木を区別できるようになります。

    私のようなフィールドワーカーには必携の書。

    それ以外の方は、この本を覚えて尾瀬とか八ヶ岳に登り、知識をひけらかしてください。

    マブいギャルをハント出来れば、ドロンしてフィーバーだ!!

  • 愛用。
    樹木図鑑は大小何冊か持ってますが、これの出番がいちばん多いです。

  • 道端の花は持って帰ることが出来ますが、樹木はそうはいきません。そんな時はこの出番。葉の形、葉の付き方、葉の縁の形、落葉・常緑と、4つの視点から大まかに分類できるため、あたりがつけやすいと思います。初心者向け。学校での総合学習にも使えるかも。

  • カブトムシを探すためには、クヌギ・コナラなど木をみつけなければならない。でも、見わけ方の本ってなかなかなかった。この本で調べれば、クヌギ・コナラを間違いなくみつけることができそう。今年こそは、昆虫採集をするぞ!!

  • 画像は既刊書うちでは最高峰と言えましょう。樹木について知りたいと最初に本を探したとき、この本に出合えて本当に良かった。知識にかけた楽しいアツい姿勢が伝わりました。

全11件中 1 - 11件を表示

葉で見わける樹木 (フィールド・ガイド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

葉で見わける樹木 (フィールド・ガイド)はこんな本です

ツイートする