宇宙 (小学館の図鑑NEO)

  • 123人登録
  • 3.76評価
    • (9)
    • (10)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 小学館 (2004年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092172098

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アネット=チゾン
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙 (小学館の図鑑NEO)の感想・レビュー・書評

  • 2015.04 市立図書館

  • 1971年発行の「学研の図鑑 宇宙」を所持しているんですが、内容がそれほど違わないかも。もちろん、新しい発見や、他の本で知った情報と合わさってるせいもあるから、宇宙に興味があって、よく知りたいという方にはおススメ。

  •  NHKスペシャルなどを見た時、観測などで使用。
    このシリーズの「星と星座」も伝説など、読み物も豊富で面白いです。

  • お父さんに影響された訳ではないでしょうが、小1の長男が最近ハマっているのが宇宙。地球儀を買ってもらって地球が丸いことや色々な国があることが理解できると、その次は自然と興味は地球の周りに広がっていきます。地球の周りを月が回っていること、その地球は太陽の周りを回っていること、太陽の周りには他にも色々な惑星が回っていること…。

    実は地球も太陽と比べたらずっと小さな星で、その太陽を中心とした太陽系は限りなく広く、でもそれは銀河系の中にぽつんと浮かぶ一点でしかなく、その銀河系も広大な銀河群の中では一点であり、その銀河群が集まって超銀河団になって…。

    数も最初は10までしか数えられなかったのが千や万の単位を知り、その次はどう数えるのかとどんどん興味がわいてくるように、子供は果てしなく広がっていくイメージが大好き。息子も宇宙について知れば知るほど次から次へと質問が湧いてきます。

    そこで色々とリサーチした結果、たどり着いたのがこの図鑑(小学館の図鑑NEOシリーズ)。A4サイズのオールカラーで200ページ近くあり、小学生でも読めるように全ての漢字に読み仮名がふってあります。各ページにはカラフルな写真やイラストが満載で、大人が読んでも十分に読み応えがある内容。

    巻末の索引の使い方を教えてあげると、自分で「中性子星」とか「エウロパ」等を調べながら黙って読んでいます。ドラえもんが大好きな息子は付録でついてきた「宇宙たんけんゲーム」もお気に入り。その裏には「銀河系大ポスター」もあって、宇宙の中でいかに地球がちっぽけな存在かが一目でわかります。

    そういえば子供の頃を思い返すとこうした図鑑がたくさん自宅にあって僕も暇なときはぼーっと眺めていたことを思い出しました。他にも同じシリーズで星と星座、恐竜、動物、植物、昆虫等、面白そうな図鑑が出ているようなので、彼の興味に合わせて1冊ずつ買っていってあげようと思っています。

  • 美しい星の写真が鮮やかに目を奪います。

  • 根拠がなくても、星占いは当たるよw

  • 子供の為といえばこれ

全11件中 1 - 11件を表示

宇宙 (小学館の図鑑NEO)を本棚に登録しているひと

宇宙 (小学館の図鑑NEO)を本棚に「積読」で登録しているひと

宇宙 (小学館の図鑑NEO)はこんな本です

ツイートする