戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり

  • 26人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 日野原重明
  • 小学館 (2015年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092271838

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日野原先生が先日亡くなられた。
    日野原先生の事が知りたくて、聖路加国際病院の事も知りたくて、そうしたらちょうど読みやす本があった。

    聖路加国際病院を通して見えてきた戦争の悲惨さ。
    ちょうど、この本は小学生や中学生が読めるような感じなので、沢山の子達に読んでもらいたい。

  • 人類の福祉と神の栄光のためにこれが聖路加の基本にある考えでした 私たちは耐えました。空には星がある。くもりでも、雨が降っていても、たとえアメリカの爆撃機が飛んでいても、雲の上には希望の星が輝いている。辛くて困難な時ほど、みんなで希望を信じました。信じなければ心が折れてしまいそうでした 「医学はサイエンスに基づいたアートである」オスラー博士の教えの中で、私が1番影響を受けたものです。

  • 聖路加病院が特殊な成り立ちゆえ、戦争の時代を生き延びた。日野原先生がすさまじい時代を生きてきたことがわかる。

  • 読んでくれるかなあ。
    でも、なんか思ってたのと違う。

  • きれいごとと言う人はいるだろうが、それでも理想を掲げなければ平和は守れない。悲惨さを知っている著者だからこそ、その言葉を否定することは愚かだと思う。

  • 日野原重明先生の本。

全6件中 1 - 6件を表示

日野原重明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R・J・パラシオ
まはら 三桃
原田 マハ
宮下 奈都
三浦 しをん
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたりの作品紹介

104歳の医師が病院で見つめた太平洋戦争

「戦争やいじめは、人間が人間を愛したり尊敬したりするあたりまえの心を狂わせてしまうもの」―日野原重明先生104歳の記念本は、「病院で見つめた太平洋戦争」を通して子どもたちに「憎しみを乗り越えてゆるし合う心」を伝える希望のメッセージにあふれています。
著者は太平洋戦争が開戦した1941年、聖路加国際病院に内科医として勤務。東京大空襲で収容した1000人の負傷者であふれかえるなか救えなかったたくさんのいのち、病院ロビーに集まり聞いた玉音放送、終戦直後GHQに病院建物をすべて接収されてから返還までの約11年……戦中戦後の稀有な体験をあますことなく語る渾身の一冊です。
アメリカ軍機が投下した「聖路加は爆撃しない」伝単ビラなど貴重写真も多数掲載しています。

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたりはこんな本です

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたりのKindle版

ツイートする