ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)

  • 1811人登録
  • 3.76評価
    • (304)
    • (218)
    • (498)
    • (20)
    • (5)
  • 273レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2006年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092301016

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これが児童書?!大人向けでは?!
    とにかくハラハラドキドキで、途中で止められず一気に読んでしまった。

  • 今日、ブックオフで全巻大人買い(ププ)

  • 自分の身に起きた本当の話…
    という始まりで語られる元気な男の子のとんでもない冒険。
    サッカーの得意なダレンは、街に来たフリーク・サーカスを親友のスティーブと見に行く。
    仲良し4人の男子の中で、一番気の荒いスティーブは、途中で顔色を変え、蜘蛛を操るミスター・クレプスリーをバンパイアと見破り、弟子にしてくれと頼む。
    一方、タランチュラに魅せられたダレンは何と…
    妹のアニーと両親との平和な家族から離れることになるのか?
    ダークな展開にびっくり〜ホラー系ファンタジー?
    2000年の作品、2001年から翻訳発行は始まっています。作者はアイルランド出身、ケーブルテレビ勤務とか。

  • 【あらすじ】
    ふとしたことから手に入れた『奇怪なサーカス』のチケット。主人公のダレン少年を待ち受ける不思議な運命とは……。親友の命を救うために半バンパイアになった少年の大長編物語です。

    【感想】

  • 始まりかたが結構好き!

  • 子どもの頃読んだけど、もう1度読みたくなったので。やっぱりワクワクする。

  • ハラハラドキドキする。
    早く2巻も読みたい。

  • 児童文庫という事で甘くみたら大間違い。
    主人公ダレン少年が、ある事の切っ掛けによりヴァンパイア化し幾多の多難を乗り越える物語。
    第1巻という事で今後に続く壮大なストーリーのプロローグ的な位置づけ。何故ヴァンパイアになったか、、、軽い気持ちでとった行動が数奇な運命を導く。子供だからしょうがないで済まない結末や案外残酷なシーンもあり軽いショックを受ける。ヴァンパイア化する前の家族との決別シーンではグッときたりする。

  • ものすごく売れていると聞いたので。

  • 主人公のダレン・シャンはふとしたことから『奇怪なサーカス』のチケットを手に入れる。―『奇怪なサーカス』
    全12巻からなる大長編物語。第1巻を読めばその不思議な世界観に引き込まれること間違いナシ!作者もダレン・ジャンという名前から、思わずノンフィクションの話なのかと想像すると面白いかも。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103340&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全273件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)の作品紹介

ふとしたことから手に入れた『奇怪なサーカス』のチケット。主人公のダレン少年を待ち受ける不思議な運命とは…。大長編物語が幕を開ける。

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)のKindle版

ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫)の単行本

ツイートする