ゼロからのつり入門 (入門百科+)

  • 29人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 西野 弘章 
  • 小学館 (2013年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092303522

ゼロからのつり入門 (入門百科+)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つりのやり方やつり具がわかったので、つりがすきな人に大にんきの本だと思う。

  • ★★★★★
    道具やテクニックの基本から。季節や場所による釣り方のコツまで。
    初心者から上級まで。ボリュームあり
    (まっきー)

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
北野 武
R・J・パラシオ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
川端 誠
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロからのつり入門 (入門百科+)の作品紹介

食べられる魚が二本の竿でガンガン釣れる!

小学校中学年以上向けの釣り入門書の決定版です。本書でおもに使う竿はリールのないノベ竿1本とリール竿1本のほぼこの2本だけなので、小学生でもあまりお金をかけずに釣りを始められるだけでなく、本書でこの2本の竿でねらう魚は海・淡水のさまざまなフィールドの約40種類。しかもそのほぼすべてがアジ、テナガエビ、ニジマス、メバルなど食べておいしい魚ばかりです。もちろんどれも釣りを始めたその日から釣れるように、釣り方は使う竿ごとに、対象とする魚ごとに親切解説! 従来の入門書ではやや難しく見えた釣りの基礎知識も、20ページ近くの超入門編まんがで早わかりできます。また入門書とはいいながらも大人にも人気のエギング、さらに小学生でもできるアユのエサ釣り、砂浜で爽快に楽しめる渚釣りなど、大人が読んでも目からうろこが落ちる釣りもたっぷり紹介されており、親子で釣りを始めるための1冊としてもおすすめできます。

【編集担当からのおすすめ情報】
監修者は『週刊 日本の魚釣り』の監修もつとめ、釣り入門者へ向けた楽しくやさしい解説においては右に出る者がいない西野弘章氏。また表紙カバーイラストを描くのは『神様のカルテ』シリーズなどのカスヤナガト氏。まったく新しい釣りの入門書にふさわしいお二人がお力を貸してくれました!

ゼロからのつり入門 (入門百科+)はこんな本です

ゼロからのつり入門 (入門百科+)のKindle版

ツイートする