名探偵コナン 絶海の探偵 (ジュニア文庫)

  • 30人登録
  • 2.80評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2013年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092306394

名探偵コナン 絶海の探偵 (ジュニア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2013年4月20日に公開された劇場版第17作のノベライズ(小説化)京都、舞鶴港沖。海上自衛隊によって、イージス艦の体験航海が開催されていた。ハイテク艦で繰り広げられる大迫力のクルーズを楽しむコナンや蘭、小五郎、そして少年探偵団たち。しかし突如、轟音が響き、艦内に不穏な空気が流れる。やがて間もなく、左腕のない遺体が発見される。捜査に乗り出したコナンは、艦内に某国のスパイ“X”が乗り込んでいることを知る。はたして“X”とは何者なのか…。優れた分析力と探偵道具で謎を解き明かす少年探偵の活躍を描く。

    図書館の蔵書にあり借りて来たが、これが小説?映画の内容を中学生程度の子供が説明しているようで、コミックを読むほうがましです。たとえジュニア向けでもこんな幼稚な作文はありえない。

  • 図書館にて、借りて読み終わりました。
    漢字やアルファベット全てルビが打っており、とても読みやすかったですが、人物紹介の写真?絵がいつものメンバーしか乗っておらず、せめて主要な乗組員の絵も載せて欲しかったです。

  • 劇場版を見て、イマイチだったので、とりあえず読んで内容を深めてみようと思い、購入。

    子ども向けということもあるだろうけれど、1日で読めた。(2時間45分)

    もう一度、劇場に足を運んでみようかな・・・。
    けど、どうせブルーレイ買うんだろうし・・・。

    悩み所だ・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

名探偵コナン 絶海の探偵 (ジュニア文庫)の作品紹介

「名探偵コナン」劇場版最新作ノベライズ

朝焼けの海に浮かぶ、爆弾を積んだ謎の不審船。その船がすべての始まりだった――。京都、舞鶴港沖。海上自衛隊によって、貴重なイージス艦の体験航海が開催されていた。電子武装されたハイテク艦で繰り広げられる大迫力のクルーズを楽しむコナンや蘭、小五郎、そして少年探偵団たち。しかし突如、轟音が響き、艦内に不穏な空気が流れる。やがて間もなく、左腕のない遺体が発見される。しかも、なんと自衛隊員の遺体だというのだ!
そこには、いくつかの不審な点が残されていた…。捜査に乗り出したコナンは、艦内に某国のスパイ“X”が乗り込んでいることを知る。はたして、スパイ“X”とは何者なのか? そして、不審船との関係は…?


【編集担当からのおすすめ情報】
劇場公開時にはカットされたシーンも、ノベルズには収録されています。

名探偵コナン 絶海の探偵 (ジュニア文庫)はこんな本です

ツイートする