ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)

  • 133人登録
  • 4.10評価
    • (24)
    • (11)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2007年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784092309111

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて夢中になって読んだ本かも

  • 個人的には最後の最後で「え?」と、腑に落ちない終わり方でした。ですがスケールが広大だからこそそう思ったと思いますし、現実につなげて子供にいろいろな意味で希望や夢をもたせるという意味ではそれもありかな、と思います。

  • 小学生の時に新刊が出てくるたびにワクワクしていた作品。好きな登場人物が死んでしまったりして、児童書の割に衝撃的なものがあった。けれど、最終巻まで読み切るだけの面白さがあった。もう少し経ったらまた読んでみようと思う。

  • 児童文学だけど、大人でも読める!
    読んだのはまあ、小学生の時だけど!

  • 児童書になってるけど大人もいける。

  • 正しいものだけが生きて行けばいいのではない。
    どんな立場になっても生きて行くことが必要だ。

    とても暗い話だが、その暗さの中に
    そんな前向きな志を感じることができる。

    夜中に読むと寝られなくなると行けないので、
    せめて昼休みに読むとよい。

    全部セットになっているのでクリスマスプレゼントによい。

  • たくさんあって本棚がイマイチだったのでまとめてみました。

    奇怪なサーカス ★★★★
    若きバンバイア ★★★

    バンパイアマウンテン ★★★

    バンパイアの運命 ★★★
    黄昏のハンター ★★★

    夜明けの覇者 ★★★
    精霊の泉 ★★★

    設定がおもしろいだけに総じてもうちょいがんばれという感じ。
    大人向けなのかな。救いがあんまりないし、結構重いです。
    そのわりに自己中心的なキャラクターが多いので。
    ワガママで人の話をきかないひとって読んでいて疲れちゃう^^;

  • 俺だったら絶対バンパイアなりたくない。あと、鼻毛焼き切ったのが印象的。

  • ずいぶん前に全て読んだが、そこそこダークで面白い児童書。結末びっくりしたなあ。

  • 借りたのはハードカバーのほうです。
    1巻に感想。

全15件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)に関連する談話室の質問

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファンタジー文庫 ダレン・シャン全12巻セット (小学館ファンタジー文庫)はこんな本です

ツイートする