ミイラ医師シヌへ (地球人ライブラリー)

  • 21人登録
  • 3.89評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Mika Waltari  木原 悦子 
  • 小学館 (1994年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092510012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ミイラ医師シヌへ (地球人ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • (2002.04.08読了)(2000.12.25購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    今から三千四百年前、古代エジプト新王国の都テーベで医師の道を歩んでいた青年シヌへは、宮中で出会った妖艶な美女にもてあそばれ、財産と両親の命を奪われ、みずからの手で両親の亡骸をミイラにして失意の旅に出る。本書は、この主人公シヌへがバビロニア、シリア、クレタ島へと旅を続け、異国の風俗習慣・政治・文化にふれつぎつぎと事件にまきこまれていく壮大な歴史小説である
    【目次】
    第一章 少年時代
    第二章 生者の家
    第三章 テーベ熱
    第四章 ネフェルネフェルネフェルゥ
    第五章 ハピル人
    第六章 偽王の日
    第七章 闇の館
    第八章 帰郷
    解説 吉村作治
    リスト・オブ・ブックス

  • エジプト人の抄訳である。これを読んだら文庫で3冊本を読みたくなるであろう。

  • ミカ・ワルタリ著『エジプト人』の抄訳版。
    妖艶な美女ネフェルネフェルネフェルに財産も両親の命も奪われた医師シヌヘは、両親の亡骸を自らの手でミイラにすると失意の旅にでる・・・。

    この前読んだマアトの法を尊重する誠実な世を目指してい前進する『太陽の王ラムセス』とは対照的に、神や人間に対して不信を持ち虚無的になって行く主人公の視点が印象に残ります。
    解説を読むと原作は長く、くねくねとした話らしく読みにくそうだけど読んでみたいです。絶版なのが残念。

全3件中 1 - 3件を表示

ミイラ医師シヌへ (地球人ライブラリー)に関連する談話室の質問

ミイラ医師シヌへ (地球人ライブラリー)はこんな本です

ツイートする