作文がすらすら書けちゃう本―宮川俊彦のノリノリ授業 (ドラゼミ・ドラネットブックス)

  • 32人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 宮川俊彦
  • 小学館 (1997年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092535015

作文がすらすら書けちゃう本―宮川俊彦のノリノリ授業 (ドラゼミ・ドラネットブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 34年8組 松本勇樹

    僕は作文が嫌いでした。
    と言うより、おそらく書いたことがありませんでした。
    理由をつけて書くことを拒否し続けてきました。
    それは高校の受験にまでも影響を及ぼしました。
    確か公立高校受験の国語には作文があったような気がします。
    おかげで私立しか行く気がしませんでした。
    それは今になって言えば親に迷惑をかけたなと思います。
    僕は昔の記憶を断片的ではありますが鮮明に引き出すことができるのですが、当時作文や感想文の書き方を習った記憶がありません。
    小6の夏季特訓と言う塾の合宿で感想文を書くことになったのですが、面白かったぐらいしか書けずに、どうしてかけない?もっとあるやろ?と当時行っていた第一ゼミナールの西田先生にボロカス言われた記憶があります。
    ちなみにこの時は本ではなくて、チップとデールという映像をみたんですが…。
    月日は経って、そんな僕が34歳にもなって小学生が読むようなこういった本を読むきっかけになったのはそういう過去の経緯があるからではないでしょうか?
    確かに結婚する前までは活字なんて一切読まなかった僕ですがとあることをキッカケに本を読むようになり、今では衣食住と同じくらい生活の一部になった読書。
    絵本も読む。
    小学生向けの本も読む。
    ビジネス書も読む。
    自己啓発書も読む。
    専門書も読む。
    エッチな本も読む。
    色んなことを今になって勉強する。
    人は学び続けなければならないと言った人がいるとかいないとか…。
    ふと、作文や読書感想文が書けなかった過去の自分が脳裏をよぎったので買って読んでみました。
    するとこんなに作文が書けるようになりました。

    おしまい

  • ドラエもんの漫画で作文の書き方を教えてくれます。

    文体も「君は○○なんだね」 と語りかけ口調で書いてあって、親しみがもてます。

    私も文章を書いていますが、この本を読むと原点に返ったような気持ちにさせられます。

    特に“心や気持ちを伝える言葉” の項目にはハッとさせられました。
    ------------------------------------------------------------------------------
    ところが、心や気持ちを表す言葉は、辞書にあまりのっていない。数少ない言葉を使って、私たちは心を語らなければならない。

    では、どうするか。これは作るしかない。
    「口をあんぐり」とか「チョーびびった」とか。
    「地球にたったひとり住んでいるみたいな、すごい孤独」
    「心が消えてしまって、青い色だけが残っている感じ」

    「胃のあたりがビビーンと小刻みにゆれて」
    とかいうように、からだの変化を書くのも手だよ。
    ------------------------------------------------------------------------------
    このほかに、「~さ」を書こうとあります。

    ~さ? とは、楽しさ、辛さ、とかの「~さ」らしいです(笑)

    これは○○して楽しかった、○○そのものについて書く、ということ。


    こういった、普段書いていても、改めて教えられると目から鱗のポイントが沢山あって子ども向けといえど、するどい重要な本だな、と思います。

  • 自分が小学生の時にこの本があれば。
    書く前にさっと読むと良いかも。

全3件中 1 - 3件を表示

宮川俊彦の作品

作文がすらすら書けちゃう本―宮川俊彦のノリノリ授業 (ドラゼミ・ドラネットブックス)はこんな本です

ツイートする