ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 浜学園 
  • 小学館 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092538504

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • [江東区図書館]

    学校で百人一首かるたを始めるにあたって借りてきた一冊。

    やはり少しでも読み易しくするためもあってか、大人向けの「3日で丸覚え!マンガ百人一首」も落語家でもある漫画家が作者で、漫画(絵での説明)形式のものが多い。加えて子供向けのものとしては、小学館の「ドラえもんの国語おもしろ攻略百人一首で楽しもう」、学研の「小学生のまんが百人一首辞典改訂版」、集英社の「満点ゲットシリーズちびまる子ちゃんの暗誦百人一首」の三冊を借りてきて比較してみた。

    見た目のとっつきやすさからいくと、小学生〜→ドラエモン→ちびまる子ちゃん→3日〜の順。小学生〜は他の二冊よりもやや大判で挿絵がカラーな上に、複数人によるイラストもマンガチック。各ページのレイアウトも内容も統一されていてすっきりと見やすい上に、各歌の意味をストレートに漫画化しているので、歌の解説コーナーなどの長文以外は、子どもも読み易く意味が頭に入りやすいと思う。ただ、しいて言えばやや絵柄に女児向きの雰囲気があることと、他二つはキャラが好きなら読みたくなるだろうから、やはりより読ませたいなら三冊並べて子供に選ばせるのがいいかも。

    内容面ではドラえもん〜→小学生〜ちびまる子ちゃん→3日〜の順。特にドラえもんは各作者に対する説明スペースが必ず設けられていたり、各ページのマンガが歌の意味をストレートに紹介するものとは限らず、歌の背景や、技巧面や文法面などの話も歌ごとに多岐に渡るので、楽しく読みながら各種の知識がさらりと頭の中を流れてくれるかも。そしてちびまる子ちゃんは漫画を少しはじらう?高学年が、それでも小難しい百人一首について抵抗を減らして読みたい場合におススメかも。端的に言うと、基本の漫画は各ページに用意された4コマのみでさして絵が多いというわけでもなく、各歌の内容では、小学館で掲載されている「作者紹介(1-2行)」、「歌意」、「解説」とほぼ等しいために文字によって情報が多いというわけでもなく、正直中途半端。個人的にはキャラによる食いつきがなければ幼稚園生には小学館、小学生にはドラえもんを勧めるかな。但し下記に挙げた数個のコラム的なページだけは、各歌内での説明に留めず、他の二冊と違って豆知識的な要素をまとめてくれているので便利。

    また、各書内の特徴的な資料は下記のとおり。

    ■ドラえもん@小学館
    ○「百人一首」関係年表…時代名&主な歴史上の出来事が書かれた年表に、三つの歌集とその歌集の選者&主な歌人を追記したもの。学生の立場としては歴史&古典知識として、3日で〜の年表よりも○。

    ○百人一首かるたの遊び方…ちらし取り、源平合戦、競技かるた、ぼうずめくりなどの説明が掲載

    ○覚え方のアドバイス…二字決まりの札までを紹介している。競技かるたを目指すのでなければ、小学生には二字決めくらいまでが現実的で○。また別途お手つきしやすい(下の句の最初がにている)札を三種類(六枚)紹介しているのも○。

    ○索引…上の句、作者名の二種。下の句索引はないし、小学生〜に比べ見づらい感はあるものの、歌番号も掲載しているのが○。

    ■小学生のまんが@学研
    ○百人一首歌枕地図…特に畿内については関係場所が多いために、拡大図でも載っている。

    ○かるた早覚え表…上の句リストとほぼ同じだが、字面分けと異なり、「あふことの〜」が「お」の札に分類されるなど、より競技用に覚える時に有用なリスト。

    △索引…上の句、下の句、作者名の三種。ドラえもんのよりも見やすい反面、本に対する索引(ページ番号)のみで、歌番号がないのが×。

    ■ちびまる子ちゃん@集英社
    ○P.76…百人一首の言葉(掛詞、枕詞、序詞)と仮名文字、ひいては女性文学作品も紹介されている。

    ○P.104…月に関する呼び名、暦(旧暦が太陽暦ではなく太陰暦であること)な... 続きを読む

  •  なんとなく図書館で借りて読んだら、ハマった。子どもの頃何気なくゲーム感覚で遊んでいた百人一首の意味を、大人の知識と経験・感覚を持って読むと、日本語の持つ繊細さや面白さ、日本人の自然や季節に対する感覚や感性、そして和歌を通じて思いを伝えるという気品と思慮深さを感じることができた。改めて、日本人でよかったなあと誇れるものである。好きな句を一つでも知っておくことで、自然や季節への考えや
    見方が変わると思う。

     私の好きな句
    『あらしふく 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の にしきなりけり』  納因法師
    (嵐が吹き下ろす三室の山の紅葉は、竜田川にいろどりに散り落ちて、まるで錦の衣のような美しさだ) 
     

全3件中 1 - 3件を表示

藤子F不二雄の作品一覧

藤子F不二雄の作品ランキング・新刊情報

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)を本棚に登録しているひと

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう (ドラえもんの学習シリーズ)はこんな本です

ツイートする