レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)

  • 36人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 池上英洋 
  • 小学館 (2010年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092700239

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)の感想・レビュー・書評

  • 978-4-09-270023-9 159+4p 2014・1・20 初版2刷

  • “万能の天才"レオナルドの、本当の人生!

    世界一有名な絵『モナ・リザ』の作者、
    レオナルド・ダ・ヴィンチ。

    イタリアのヴィンチ村で生まれた彼はほかにも、
    さまざまな発明のアイデアを残したり、
    飛行の実験をしたり、
    人体の解剖をしたり、
    軍事家として遠征をしたり…と、
    芸術以外の分野でも活躍したスーパーマンとして知られ、
    「万物の天才」と呼ばれています。

    しかし、その人生については、あまりよく知られていません。
    たとえば、画家として有名なのに、
    完成した作品は『最後の晩餐』など数点しかなく(『モナ・リザ』さえも未完成です!)、
    数々の発明のアイデアも、実際につくられたものはほとんどありません。

    また、なぜか左右反対の“鏡文字"で文章を書き、
    500年も前の時代にイタリア各地を渡り歩いて最後はフランスで亡くなるなど、
    その人生にはふしぎな点がたくさんあるのです。

    学習まんが人物館『レオナルド・ダ・ヴィンチ』は、
    そんな彼の人生の真実にせまります。
    多くのなぞの理由、作品にこめられた思い、そして母親のこと……。
    この本を読めば、「万能の天才」の人生がけっして成功に満ちたものではなく、
    天才である以上に「努力の人」だったことを知ることができるでしょう。

    「一方で、『部下が働かない』と嘆き、
    『友人がいない』と告白し、
    『まだ自分は何も成し遂げていない』と落ち込む画家の心情が、
    手稿には時折、吐露されている。」(p76)

    レオナルド・ダ・ヴィンチというと「万能の天才」というイメージが強かったが、
    30歳以前は工房の兄弟子たちと比べて特別に評価されていたわけではなかったこと、
    画家としてよりむしろ音楽家や宮廷儀式の演出家としての評価が高い時期があったことなど
    意外な発見が多く、彼のリアルな人物像を知るいいきっかけになった。


    はじめに 「万能人」の過去・現在・未来

    第1章 若き日のレオナルド
    (キリストの洗礼、受胎告知、レオナルド・ダ・ヴィンチの生い立ち ほか)

    第2章 “万能人”への飛躍
    (岩窟の聖母、軍事技師として、舞台演出家・結婚プランナー ほか)

    第3章 放浪の思索者
    (イザベッラ・デステ、アンギアーリの戦い、ライヴァルとの戦いと失意 ほか)

    おわりに
     終わりなきレオナルドとの旅

  • 勉強になりますね

全3件中 1 - 3件を表示

小林たつよしの作品一覧

小林たつよしの作品ランキング・新刊情報

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)はこんな本です

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)の大型本

レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする