高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)

  • 44人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (1996年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092701083

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 智恵子は東京に空が無いという、ほんとの空が見たいという。(略)智恵子は遠くを見ながら、阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が、★智恵子のほんとの空だという」(あどけない話し)「上高地」に2人が初めて旅行した時の詩。安達太良山、智恵子の生まれた村から見える山、福島県。/この本を読み、★「高村智恵子」さんの人柄と悩みが良く解った!貴重な本です。/「空が好きだった智恵さん。十和田湖の自然の中に立ち、伸び伸びと、幾千年もこの世界を見つめて下さい。★智恵さんの姿をこの世に残して僕もやがて自然の中へ帰ります。」/晩年・高村光太郎は、東京大空襲でアトリエを失ったが、★宮沢賢治と弟・清六の招きで、花巻に移り住む。宮沢賢治と親交があった!70歳で、十和田湖に記念碑、★光太郎は女性に「観音様」を感じると言い、女性の裸婦像を彫る。/「智恵子抄」は、★恋も知らず戦地へ赴く青年と見送る少女達に大事にされた!

  • この二人は純愛だったのかな。
    概略的に生涯がわかる。
    絵がちょっと淡白なのが…。

  • (2012-03-09)

  • 智恵子の発狂をめぐっては様々な憶測があるけど、この伝記は智恵子の愛の深さにクローズアップしたものになっている。

全4件中 1 - 4件を表示

村野守美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)を本棚に登録しているひと

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂 (小学館版学習まんが人物館)はこんな本です

ツイートする