ロミオとジュリエット (小学館学習まんが 世界名作館)

  • 12人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 小学館 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092703063

ロミオとジュリエット (小学館学習まんが 世界名作館)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ロミオとジュリエット (小学館学習まんが 世界名作館)を本棚に登録しているひと

ロミオとジュリエット (小学館学習まんが 世界名作館)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロミオとジュリエット (小学館学習まんが 世界名作館)の作品紹介

おおロミオ、あなたはどうしてロミオなの?

「おおロミオ、あなたはどうしてロミオなの?」

14世紀、イタリアの都市・ヴェローナ。キャピュレット家とモンタギュー家は激しく対立していました。ところが、キャピュレット家の令嬢・ジュリエットは、家で行われた仮面舞踏家にしのびこんできた、モンタギュー家の子息・ロミオに、ひとめで恋に落ちてしまいます。
決して許されることのないふたりの恋でしたが、ふたりは誰にも秘密のまま、結婚の約束をします。ところが、運命のいたずらか、ふたりの仲をひきさくような事件が起こってしまうのです。
ふたりの恋に、幸せな結末は待っているのでしょうか。それとも……?

万人がその名を知る、物語の天才・ウィリアム=シェイクスピアの、最も有名な恋愛悲劇を、忠実にまんが化しました。「恋」という感情から生まれる「物語」のおもしろさを、わかりやすく楽しんでいただくとともに、充実したコラムや解説ページで、名作文学への扉を開いてください。

【編集担当からのおすすめ情報】
物語の舞台になっている、イタリアの都市・ヴェローナは、今では世界遺産に登録されています。そこには「ジュリエットの家」があり、ロミオとジュリエットが愛をささやいたバルコニーも現存しています。また、まんがの作画を担当した羽田伊吹さんは、あの有名なケータイ小説「恋空」(原作・美嘉)のまんが等を手がけた恋愛まんがの実力派です。

ツイートする