アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : アントワーヌ ガラン 
  • 小学館 (2013年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092703070

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)を本棚に登録しているひと

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)を本棚に「積読」で登録しているひと

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)の作品紹介

アラビアのお話の世界へ

中世のアラビアを中心とするイスラム世界で作られ語り継がれたきた物語などがもとになってできた物語集が、『アラビアン・ナイト』です。それが18世紀になってからヨーロッパに伝えられ翻訳されて、大人気となりました。19世紀の終わりごろには、日本語訳も紹介されるようになり、そのおもしろさで人気を得ています。
本書では、数ある話の中から「魔法の馬」「アラジンのランプ」「空飛ぶじゅうたん」「アリババと40人の盗賊」の4話を選んでまんがにし、『アラビアン・ナイト』の世界へご案内いたします。
「魔法の馬」「アラジンのランプ」「空飛ぶじゅうたん」では、それぞれ、「空を飛ぶ木馬」「ランプの精」「指輪の精」や、「空を飛ぶじゅうたん」など、不思議な「精霊」や「モノ」が、登場します。
「アリババと40人の盗賊」では、機転をきかせた若い女性が、盗賊一味をやっつけてしまいます。
それぞれ、話の展開が思いもよらぬ方向に進んでいって、どんどん先を読みたくなるものばかりです。
物語としての『アラビアン・ナイト』を読むきっかけになることでしょう。

アラビアン・ナイト (小学館学習まんが 世界名作館)はこんな本です

ツイートする