ネバーギブアップ! (創作児童読物)

  • 43人登録
  • 3.84評価
    • (5)
    • (6)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 山本 孝 
  • 小学館 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092897373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドリュー・デイウ...
宮西 達也
ヨシタケシンスケ
ライアン・アン ...
加藤 休ミ
ジョン・クラッセ...
市川 朔久子
長谷川義史
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
くすのき しげの...
ユージーン トリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ネバーギブアップ! (創作児童読物)の感想・レビュー・書評

  •  4年3組の担任は山下先生。自己紹介の時に、うでずもうが得意だと話し、ワザを教えてくれた。それで3組では、9月になっても、うでずもうが流行っていている。10月10日、うでずもう大会をすることになったが、負けてばかりいるジュンはゆううつ。そんなジュンに、先生はトレーニングをやってみないかと声をかける。大切なのは『続ける力』、やろうと決めたことをあきらめずに続ければ強くなれると・・・。

  • 腕相撲の弱い子が、担任の先生と「ネバーギブアップ」と特訓を続け、腕相撲大会で優勝。
    全く正統、清く、正しく、美しい物語です。
    埼玉県推奨図書らしいが、道徳の教科書のようで、暑苦しい。
    ひねくれ者の私は、受け入れられないな。

  • 何事にも 諦めず!ネバーギブアップ!! ステキな 先生に 出逢えて 良かったね♪おとうさんの アドバイスも ステキ♪

  • クラス一腕相撲が弱いジュン。 

    そのジュンのクラスでは腕相撲がブーム。
    自分も弱いくせに、少しでも優越感を得たいが為、
    毎日自分より弱いジュンと勝負をして勝ち誇る
    性格がうんこなマサル。

    マサルみたいな奴多いよなぁ。
    勝てない勝負を避けるまでは戦略としてもありだと思う。
    けど、自分より確実に弱い相手とばっか勝負して
    バカにするのはダメ! それはただの卑怯者。 

    俺はマサルタイプにならないよう気をつけよう。

    ジュンと先生や父親とのやりとりに、何度もほろほろ来たよ。
    『続ける力』を手に入れて自信を付けたジュンがカッコ良かった。
    がんばった分だけ変化があるのは嬉しい。

    大会時に最初はジュンを見下してたクラスの子達も、
    徐々にジュンの実力を認めはじめて行く辺りから
    ニヤニヤがとまらんかったわw

    展開が早いので、30分ぐらいで読み終えたよ。

    山下先生みたいな教師って今は少なくなったんじゃないかって思う。

    続ける力も大事だけど、がんばってがんばって、
    それでもどうしようもなくて死にたいとか思ってる人は、
    そこから逃げ出す事も大事だよ。
    世の中マサルの性格を更に悪くしたような連中が大勢いるし、
    山下先生のような教師は減ってきてるから。

    この本のラストのような教室が増えるといいなぁ。

  • 4年3組では、うでずもうがはやっている。
    ジュンはいつも負けているので、毎日がゆううつだ。
    それなのに、クラスのイベントで『うでずもう大会』をやることになってしまった。

    そんなとき担任の山下先生が、あきらめずにがんばり続ければぜったいに強くなれると教えてくれた。
    そして、毎日早朝トレーニングに付き合ってくれると言ってくれた。

    ジュンは、すこし自分に自信がついた気がした。

  • 腕相撲にも、名称のついた技があるんだ。
    くすのきしげのりの本って感じ。

  • クラスで腕相撲大会がおこなわれることになり、勝ったことがない主人公の男の子は憂鬱でしかたがない。すると、担任の先生によばれ、特訓が始まる。決してあきらめないことで優勝するが、一人だけの特訓のことがクラスのみんなにばれても、だれも責めなかった。
    それは、ほかのクラスの子たちもみんな漢字や計算など、それぞれちがう補習を先生から受けていたからだった。

    良い話ですが、現実に全員に特別授業をしていたら体がいくつあっても足りない・・・などと夢のない私。

全7件中 1 - 7件を表示

ネバーギブアップ! (創作児童読物)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ネバーギブアップ! (創作児童読物)の作品紹介

うでずもう大会に向けて猛特訓が始まる!

弱虫で泣き虫のジュンは、何事にも自信のない少年でした。ある日、クラスで「うでずもう大会」をすることになりました。ジュンはうでずもうが大の苦手、一度も勝ったことがありません。そんなジュンを見て、担任の先生が「毎朝特訓をしよう」と提案します。お姉ちゃんは、最初は続くわけないと馬鹿にしましたが、一緒に付き合ってくれることになりました。いよいよ、三人の特訓が始まります。
さて、ジュンは、最後まで特訓を続けることができるのでしょうか。そして、本当に強くなれるのでしょうか?

【編集担当からのおすすめ情報】
心に残る作品の多い作家くすのきしげのりさんの児童読み物です。2012年10月、毎日新聞大阪本社版朝刊「読んであげて」に連載された作品に加筆し再構成してまとめました。「こんな先生がいたらいいな」と連載中も大好評でした。学校内でいろいろな問題が起きる昨今、このような作品が待望されていたのだと思います。また、「あきらめなければ、きっとかなう」という、こどもたちへの熱いメッセージのこめられた作品です。

ツイートする