童話絵本 宮沢賢治 やまなし (創作児童読物)

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮沢賢治
制作 : 田原 田鶴子 
  • 小学館 (2015年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (39ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092897427

童話絵本 宮沢賢治 やまなし (創作児童読物)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「やまなし」は昭和46(1971)年に光村図書出版の国語教科書六年に採用されてから、今日まで教材としても長く親しまれています。
    賢治の造語である「クラムボン」とは何を指すのかなど、私たちの想像をかきたてるこの物語は、画家たちの創作意欲も刺激するのか、多くの絵本にもなっています。 

  • 言葉から情景を想像することが、宮沢賢治の作品の素晴らしいところのひとつ。絵はいらないな。

全2件中 1 - 2件を表示

宮沢賢治の作品

童話絵本 宮沢賢治 やまなし (創作児童読物)の作品紹介

童話絵本

2016年で生誕120年を迎える宮沢賢治。その前年にあたる2015年からはブームの再燃が期待される。
賢治作品の中でも極めて異色の幻想的作品「やまなし」は、文体の平易さから児童向け絵本でも多く採り上げられ、
シェア50%を誇る光村図書の小学六年国語教科書でも長年採用されている定番教材である。宮沢賢治のこの作品の、絵本としての決定版を目指して、画家には岩手出身で賢治の世界に深い造詣をもって描き続ける田原田鶴子さんを起用。解説には、「やまなし」の名人授業で名高い野口芳宏氏を起用。学習の面からも、この優れた作品の魅力を深く掘り下げ、教師や保護者にとっての指導にも役立つ絵本に仕上げたい。

【編集担当からのおすすめ情報】
・物語にしっかり根ざした絵本~五月と十二月という二つの場面の季節感や自 然の風景を克明に描写している。
・これまでの絵本では明瞭でなかった「月夜」の光をしっかりと描写している。
・最高の国語教師の視点から、内容を解説しているので、読み聞かせの際の要 点がしっかりとつかめる。
・美しいイラスト付きの用語解説も魅力。

童話絵本 宮沢賢治 やまなし (創作児童読物)はこんな本です

ツイートする