ひいな (創作児童読物)

  • 36人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : いとうみく
  • 小学館 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092897533

ひいな (創作児童読物)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母の出張中、祖父母にあずけられることになった4年生の由良
    いなかの駅舎に飾られていたふしぎな雛人形に出会う

    「女の子のすこやかなる成長を見守り、
     それをはばむものあらば、その災厄を引き受け、身代わりとなる」

    そう言ってハエに憑依して由良のまわりを飛ぶ濃姫という女雛

    ふるさとの町のひな祭りをモチーフに
    由良のこころがひらかれ家族をとりもどしていく物語

全1件中 1 - 1件を表示

いとうみくの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス・シア...
戸森 しるこ
市川 朔久子
池田 ゆみる
柏葉 幸子
吉野 万理子
R・J・パラシオ
アレックス・シア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ひいな (創作児童読物)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひいな (創作児童読物)の作品紹介

おひな様がつなぐ家族の物語

いとうみくさんの長編読み物。いとうみくさんは、デビュー作『糸子の体重計』で、日本児童文学者協会新人賞を受賞。その後も、『空へ』で、日本児童文芸家協会賞を受賞。『かあちゃん取扱説明書』で、夏の読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれるなど、多くの賞を受賞している人気作家です。

本作品は、母親が仕事で長期出張に出ている間、ひな祭りで有名な町に住む祖母の家に預けられた少女が、出会った不思議な世界を描きます。リアリズムの作者が初めて書き下ろしたファンタジックな物語。

主人公の少女は、小学校4年生。ひょんなことから、おひな様の声が聞こえることに気がつきます。そのおひな様とは?

あなたを守ってくれるおひな様の声が、あなたは聞こえますか?

【編集担当からのおすすめ情報】
発表する作品ごとにその魅力を増す、いとうみくさんのさらに新しい世界です。

ツイートする