ジャングルめがね (すきすきレインボー)

  • 60人登録
  • 3.71評価
    • (5)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 筒井康隆
制作 : にしむら あつこ 
  • 小学館 (2010年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092897878

ジャングルめがね (すきすきレインボー)の感想・レビュー・書評

  • ジャングルめがねをかけると、他の人たちが動物に見える。たとえば、お父さんはゾウになって、しかも長いはなにぶら下がったりもできる!他の人がジャングルめがねをかけてもなんにも起こらない、ぼくだけのめがね。あの人は何に見えるかな?


    という設定も面白いですが、ストーリーも面白い。メガネを通して見える世界が動物になった人たちが、動物としてそのまま、動物らしいおはなしをつむいでいくのが楽しい本。

  • かけるとまわりがジャングルになり人間も動物に見える不思議なめがねのお話。
    もし自分が持っていたら日常がとても新鮮に思えそうです。

  • [墨田区図書館]

  • 何かに触れたらしく娘が図書館で借りてきた本。

    しんすけくんがみつけたメガネは、かけると周りの人がみんなジャングルの動物に見えるすご~いメガネ。周りの人からは、おもちゃのメガネとしか思われないけど。
    そして、しんすけくんはある事件を目撃してしまうのです。

    事件解決の描写が夢みたいで素敵。娘が読んでくれました♪
    で、面白いじゃんと思って作者を見たら、筒井康隆。こんなとこにも書いてたのですか!

  • このメガネをかけると、人間がジャングルの生き物に見えるという不思議なメガネ。(実際にはジャングルの生き物限定でなく、広く動物とか鳥とかだけど)
    しんすけのお父さんはゾウ、お母さんはシマウマ、お友達もウサギやリスやキリン・・・ぼくはと言えば、イヌ。
    ある日、リスのなっちゃんがクロヒョウに連れて行かれた!お巡りさんのワシにたのんで、クロヒョウをおいかける。ワシの背にのって、飛んでゆく。さあ、クロヒョウを退治できるのか。

    かわいいイラストがあっていて面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

ジャングルめがね (すきすきレインボー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャングルめがね (すきすきレインボー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャングルめがね (すきすきレインボー)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャングルめがね (すきすきレインボー)はこんな本です

ジャングルめがね (すきすきレインボー)の単行本

ツイートする