ダレン・シャン 8―真夜中の同志

  • 1402人登録
  • 3.55評価
    • (137)
    • (116)
    • (419)
    • (9)
    • (2)
  • 65レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2003年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903081

ダレン・シャン 8―真夜中の同志の感想・レビュー・書評

  • ダレンら一行は、バンパニーズの仕業と考えられる連続殺人事件が起こっていることを知り、再びクレプスリーの故郷に向かった。
    毎夜、地下水路を探索するも、バンパニーズの手がかりは得られない。
    そんなある日、ダレンは、何者かの偽の書類によって学校に通うことを余儀なくされる。
    しかしダレンは、学校で、13年前に恋愛関係にあり、今は教師となったデビーと再会する。舞い上がるダレン。さらに、ダレンはあの旧友と思いがけず再会する。

    読む前にネタバレを読んでしまっていたこの巻。
    決して!事前にネタバレは読まないことをお勧めします。(そりゃそうか!)
    まだ子どもの外観のままのダレンに対し、大人になってしまったデビー。
    時の流れというのは残酷なもので。
    この二人の間で恋愛は成立するのだろうか。
    コナンと蘭なみに難しい気がする。
    でもそのうちトワイライトのように、デビーもヴァンパイアになることを希望するようになるのかもしれない。。
    ダレンなら最終的にはやっちゃいそうだ。

    さて、バンパニーズとの戦い3部作も、あと1冊。
    絶体絶命のダレンたちだけれど、どうこの場を切り抜けるか楽しみ。

  • なんだか、もう、裏切りが予想できる自分の汚れっぷりが悲しい。

    子どもの頃に読んでいれば、楽しめただろうに。

  • 嫌な予感しかしない、最初から分かってるだろう?って思うけど、信じたいのね。それはもうどうしようもない、なんせ頑固者だしね。

    みんな自分が正しいと信じてる。
    自分で選んだ道だもの、正しいと思ってなければやってられない。
    でも、正しさと正しさぶつかると、ただでは済まない。

  • 久々のダレンシャンシリーズ。
    このシリーズは、時間をとらずにササっと読めるから好き。

    うわー、頼むよ〜そうならないでよー
    と思っていた悪い予感が当たってしまった。。

    懐かしい人たち大集合の巻です。

  • 初期に出てきたキャラクターのスティーブとデビーも登場。
    ほろにがいダレンの初恋再来かと思わせたが、デビーが大人になっているのでダレンは振られた感じ(笑)
    ヴァンパニーズも出番を増やしてきた。
    今回のストーリーのラストに向けて盛り上がったところで次回を待て的なエンディング。
    未だ正体を顕にしないヴァンパニーズ大王の動向も気になります。

  • ええ~!!ここで終わり???

    …てかさ、最初っから解ってたじゃん。
    この流れ。
    スティーブが出てきたら何者になってるか。

    あ~ん。そこが読者と登場人物の乗り越えられない大きな壁!!

  •  読んで良かった。

  • なんか今回は学園もの。中休みか。

  • クレプスリーの故郷に戻ったダレンたちはバンパニーズ大王の足跡を求めて地下通路を探しまわるが、手掛かりがつかめない
    しかも誰かの罠か、ダレンを学校に登校させるように仕向けられ、探索ははかどらない
    かつての友人と再会したダレンだが、その友人を人質にとられてしまう

  • 「また会えてうれしいよ、ヘムロック先生」

  • Original title:Allies of the Night by Darren Shan
    Author:Darren Shan
    Vampanese大王を探す旅に出た3人。
    この巻からは未読だったので、ワクワクしながら読みました!!!
    まさかここにきてDarrenが学校へ行く事になるとは…!
    いつもの様な旅になると思っていました。
    でも無理矢理行った学校であの子と再会した時は感動しました!!
    Darrenの容姿が成長しない影響か然程年月を感じませんでしたが、
    あれから13年経ってるとは。いやはや…。
    初っ端からAllisが登場。
    やたらに出て来るので人間だけど、今後Darrenに協力してくれるとかでしょうか。

    そしてSteve再登場。
    あれから年月が経ったので、すっかりわだかまりが解けたと思って安心して読んでいたのにまさかまさか…。
    矢張りCrepsleyから拒絶された一言が尾を引いてるのが、哀れです。
    悪魔と罵られたら、誰であれ深い傷を負いますよ。
    言われなかったらSteveは今頃どんな人生を歩んでいたのでしょうか。

  • 再読。
    懐かしのキャラが続々と登場しますね!
    三部作だから次巻で一応のケリがつくのか…

    ダレンがクレプスリーを『パパ』呼ばわりするところに吹きましたww

  • よおっしゃあ!バンパニーズもバンペットもかかってこいやー!
    あ、すいません!冗談です!どうか許してぇぇぇー!
    by以後行方不明
    はい。冗談です。えっと、今回は緊迫した闘いがすごかったですね。
    皆様ごくろうさまでした。はい、以上!

  • 十二か月の間に3回、バンパニーズ大王とめぐりあうチャンスがあり、そのどこかで大王をたおせれば、バンパイア一族が傷ある者の戦に勝つ、というミスター・タイニーの不吉な予言で旅に出たダレン、クレプスリー、バンチャ元帥の3人。残るチャンスはあと2回、運命の力に身をまかせて心の声が命じる場所へとおもむいたダレンを待っていたのは、連続殺人事件と、なつかしい人たちとの再会、そして残酷な運命だった。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    そう!私ここまでは読んでたんだよ!!
    スティーブが裏切るとこが印象的で唯一覚えてたから!!
    だからここから先は本当に初読になるわけです…わー楽しみ!
    友達に昔ネタバレされてるから内容は知ってるが……
    それでも最後までは知らないから!はやく最後まで読もう!

    デビーを連れて行くのが明らか間違いだよね……
    こうなることが目に見えてたじゃないか……

  • ふたたびクレプスリーの故郷でバンパニーズらしき影。
    ダレンはなぜか学校に行くことになる。
    仕組んだのは誰?
    そして再会が。
    三冊つづきの真ん中でお話としては通過駅の物足りなさ。
    でもこの巻にはストーリー以外の大きな楽しみがあるのだ。

    (2005年06月16日読了)

  • 先を読まずにいられない作品。 長編ファンタジーが好きな方はぜひ!

  • 今まで読んだ巻の中で1番面白かった!
    ダレン、学校に潜入編。
    ヘンテコな生徒としてからかわれたり、やり返したり。
    そしてデビー、スティーブ、R.Vとの驚くべき再会。
    バンパニーズ大王との対面。
    濃い!!読者裏切られまくりですよ(笑)どきどき!!

  • 2009/09/02読了

    いよいよあの戦いが始まるのだと思うと、なんとも言えないもどかしさを感じる。
    ラーテン・クレプスリーの運命が決まる。

  • ■ 10128.
    <読破期間>
    H22/10/30~H22/11/1

  • 三部作の真ん中、スティーブにデビーと懐かしい面子が出てきます。
    そこはおお!と思いましたが(特にスティーブ。やっと出てきましたね。)どうも先が読める展開というか予想通りな進みなので物語的には何とも言えず・・・
    半バンパイアになりたての頃のハラハラ加減が沢山有ったシリーズ前半の方が楽しかったなぁと感じてしまいました。

  • ダレンシャンシリーズってめちゃおもろいです♪

  • 面白いです。続きが気になります。

  • 20040205に読み。
    ある一人の男の子が半バンパイヤ(半分バンパイヤ半分人間)になっちゃう話の八巻目。今更なスティーブ登場にびっくりです。
    自分の中でスティーブ死んでいた気がしてました(笑)
    悪い血と言われたこと引きずり過ぎでしょう(^^)9が楽しみ♪

  • ヴァンパニーズ大王を追いクレプスリーの故郷へと赴くダレン。そこで誰の策略か学校に行くことになるダレン。そこで懐かしのデビーと再会する。再会を喜ぶダレン。だが大王の狡猾な罠はすでにはじまっていたのだ・・・・。

全65件中 1 - 25件を表示

ダレン・シャン 8―真夜中の同志を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダレン・シャン 8―真夜中の同志を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダレン・シャン 8―真夜中の同志の作品紹介

十二か月の間に3回、バンパニーズ大王とめぐりあうチャンスがあり、そのどこかで大王をたおせれば、バンパイア一族が傷ある者の戦に勝つ、というミスター・タイニーの不吉な予言で旅に出たダレン、クレプスリー、バンチャ元帥の3人。残るチャンスはあと2回、運命の力に身をまかせて心の声が命じる場所へとおもむいたダレンを待っていたのは、連続殺人事件と、なつかしい人たちとの再会、そして残酷な運命だった。

ツイートする