ダレン・シャン 10 精霊の湖

  • 1379人登録
  • 3.61評価
    • (156)
    • (118)
    • (392)
    • (12)
    • (1)
  • 74レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2004年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903104

ダレン・シャン 10 精霊の湖の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父とも仰いだクレプスリーの死は、ダレンを打ちのめす。
    サーカスに戻って徐々に立ち直っていったダレンは、ミスター・タイニーに導かれ、
    ハーキャットの正体を探しに別世界へ。
    試練の旅の末、「精霊の湖」で二人が見たものは一体なんだったのか…

    バンパニーズとの戦いはしばし休止。
    ハーキャットの意外な(というか「ほへ?」という感じだったが)正体が明らかに。
    いつもよりRPGみたいだった。

    ちなみにハーキャットのイメージ、アンパンマンに出てくるかびるんるんみたいな姿なんですが…
    (絶対違う、ローブ着てるし絶対違う)

  • 生と死の境目を行ったり来たり。
    しかし、生きているものは、大抵は生の方に進みたいと思う。自ら死の方に進みたいなんてまず思わない。
    だが、もしかしたら死の方向に生があるのかもしれない。生の方向に死があるのかもしれない。
    それは誰にも分からない。運命というものを操ることができない限りは。

  • レビュー書く時間もない……
    早く続きを読まないと!

  • 前巻で悲しい事になってしまったクレプスリー。
    もしかしたらこの巻で、実は……てな事になるのを期待してたのですが。。
    はぁ。戻ってきてよー!

    今回の巻はハーキャットの正体を確かめるためにダレンとハーキャット二人で旅に出ます。

    ハーキャットの正体。
    まさかまさかです!!
    頭が混乱してくるぞー!

  • 一冊をまるごと使ってハーキャットの正体あかし。
    前作でクレプスリーがいなくなってからだらだら読んでいたが、ハーキャットの正体がわかる直前あたりから面白くなってきた。
    前世の償いをしていた感じになるのだろうな。
    ミスター・タイニーが世界を操っている風にストーリーは進んでいたがここにきてそうではなく、どんなに手を加えようと運命は変わらないのだと。
    ミスター・タイニーが本当の悪役ではなくなった感じで終了。
    次はどうなる?

  • ここまでグロテスクにする必要があるのだろうか。
    嫌悪感すら感じる。

  •  読んで良かった。今回も、まさかの結末。

  • 図書館に続きが無かったので、これで最終巻と思ってたら違うようです。先が気になる。

  • ハーキャットの過去を探すために政令の湖に出かけるふたり
    ようやく引き揚げたハーキャットの身体はまさかの人物。

  • この巻ではヴァンパイアの戦争からは一時離れ、ハーキャットの正体を探しに行く旅に出ます。
    これまでの巻とは趣が異なり、ファンタジーの毛色が濃く、RPGっぽい雰囲気。
    といっても相変わらずグロいです。グロテスクとかそのまんまグロです。

    ハーキャットの正体は以外な人物で驚きました。

全74件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダレン・シャン
荻原 規子
ZOO
乙一
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

ダレン・シャン 10 精霊の湖に関連する談話室の質問

ダレン・シャン 10 精霊の湖を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダレン・シャン 10 精霊の湖を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダレン・シャン 10 精霊の湖を本棚に「積読」で登録しているひと

ダレン・シャン 10 精霊の湖の作品紹介

父親代わりのクレプスリーを失い孤独にうちひしがれていたダレン。そんな時、ハーキャットに危険がせまっていた。

ダレン・シャン 10 精霊の湖のKindle版

ツイートする